りりィ/南十字星

りりィ/南十字星
1980年 日本
『ドスを含んだ歌声がAORサウンドからはみ出るところも素敵』

 1970年代半ばからのポップス路線のりりィ作品。その終盤に当たるEMIでの最終作です。中古盤店でつまんだ『りりシズム』に、思いのほかハマっていたところ。そこに初CD化という報を受けては聴かずにはいられません。

 大部分の楽曲を国吉良一が担当している他、木田高介も2曲で参加。尚、本作は発売直前に亡くなった木田高介に捧げられています。
UPCY-7347.jpg

 AOR度は更に高くなっています。スタジオ・ミュージシャンによる円熟の演奏による爽やかなアンサンブルが存分にフューチャーされており、バンドのアルバムのような趣があり。
なるほど、ライトメロウのシリーズで再発されることにも納得。所々、歌謡曲チックなストリングス・アレンジの曲があるな、と思っていたらやっぱり木田高介さんの曲でした。

 女の子向けアニメの主題歌をりりィが歌ったかのような、『風のランナー』はインパクト抜群。どっしりしたヴォーカル・パートから洗練されたシンセサイザー・ソロへと流れるところが気持ちいいです。

 この他にも70年代中期~後期に於けるりりィのアルバムがCD化されているそうなので、これを機に集めてみようと思います。生み出す雰囲気が好きだったのですが、この時期のアルバムを聴くといい曲を書くソングライターだったのだな、と再認識しました。
関連するタグ 日本ポップスSSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する