マジカル・パワー・マコ/マジカル・パワー・マコ

マジカル・パワー・マコ/マジカル・パワー・マコ
1974年 日本
『レビューが難しい』

 テープ・コラージュによるサイケデリック、ジャーマン・エレクトロ、ラーガ、ケチャや民謡などの民族音楽を融合させたマジカル・パワー・マコのファースト・アルバムです。
31Q5622G6VL.jpg

 ヴォーカルは遠くでぼそぼそ言っていたりして良く分からない箇所が多数。奇声、SEや電子音、テープ・コラージュが不規則に乱れいるので、落ち着きたいときに聴く音楽ではありません。宇宙を表現しているという批評を耳にしますが、確かにスケールの大きさとおおらかさを感じることが出来ます。最初はアヴァンギャルドな要素ばかりが耳に入るのですが、実は美しいメロディーが少しずつ隠れており、それが徐々に姿を現してくる頃にはアルバムに馴染んでいることでしょう。朝日を見たような清々しさ、爽快感が味わえるアルバムです。
関連するタグ 日本サイケデリック

トラックバック一覧

コメント一覧

#938 No title
ジェシ―芝池さん、こんにちは。

私このアルバム聴いたことないんですが、アルバム・ジャケットだけは強烈に
印象に残っていて、1974年という時代にしてポップアートとして秀逸だなァと
感じていました。
#939 Re: No title
ハリーさん
こんばんは

コメントありがとうございます。

ジャケは確かにインパクトがあります。
ただ音楽を聴いた後にもう一度見ると
ロゴを大写しにしただけなので
どこまで狙っているのか良く分からなくなります。

是非聴いてみてください。



> ジェシ―芝池さん、こんにちは。
>
> 私このアルバム聴いたことないんですが、アルバム・ジャケットだけは強烈に
> 印象に残っていて、1974年という時代にしてポップアートとして秀逸だなァと
> 感じていました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する