マジペパ/テル・ディスコ

マジペパ/テル・ディスコ
2017年 日本
『キラキラしたポップスで、オリエンタル要素もあり』

 NONA REEVESの西寺郷太と口ロロの村田シゲによる新しいバンド、という情報を聞きつけ、予約した1枚です。ただ、そういう認識でいたからか、16歳のフロント・ガール、吉田凛音の魅力を前面に押し出した音楽性に面食らってしまい、馴染むのに時間が掛かりました。
VSCD3190.jpg

 吉田凛音はアイドル畑出身のシンガー。ソロ活動開始後からプロデュースで参加していた西寺郷太が吉田凛音のバンドとしてメンバーを集め、マジペパと命名された。というのが経緯のようです。7人編成。

そんな経緯も知らず、帯裏の「マジペパは2020年代の『フリートウッド・マック』目指すで」の文字を発見した自分は、「これは80年代のフリートウッド・マックみたいにキラキラしたポップスで、オリエンタル要素もあり、みたいなことかな。」とか楽しみにしていました。

マジペパを聴き込んで馴染んだ今、確かにオリエンタル要素があるキラキラ・ポップだな、と感じています。プログラミングを多用した近未来的なサウンドは正に2020年代という感じであり、西寺郷太と村田シゲの合体の成果を感じることが出来ます。吉田凛音の表情豊かで溌剌とした歌唱も魅力的。また作詞は西寺郷太が全曲担当しているものの、曲はメンバーを中心に複数人で作っています。結果、バラエティーに富んだ内容になっていることはもちろん、クオリティーも素晴らしいことに驚きました。特にギターの山形氏はメインでI HATE MONDAYSというバンドをやっているとのことなので、チェックしなければ。

備長炭


もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する