スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Amber Mark/3:33am

Amber Mark/3:33am
2017年 アメリカ
『21世紀型エキゾチックソウル』

 ジャズ、ソウル、エレクトロといったジャンルを融合した新世代R&B。彼女の場合、インド音楽やゴスペル、ラテンの要素が加わっており、民族音楽色が濃いことが特徴です。スペーシーでありながら、とても土着的な聴き心地は新鮮。

 アンバー・マークは宅録型のシンガー・シングライター。マンハッタン在住。ジャマイカとドイツのハーフとして生まれ、現在23歳です。2016年からサウンドクラウド上で制作した音源を公開しており、スポティファイにてチャート上位に浮上。今回のデビューEPリリースへと繋がりました。
1500x1500.jpg

 自身の音楽性をR&Bトライバルと表明しており、民族色の強さを個性としています。太くクリーンな歌声による、爽やかなメロディーが民族色の強いリズムと絡み、カラフルなR&Bサウンドを生み出しています。ヴォーカルの加工、打ち込みも含めて、パソコン上でトラックを繋ぎ合わせたプログラミングが施されており、クリーンで洗練されたサウンドが印象的。鮮やかさは格別なのですが、トライバルを売りにするならばもう少し生々しさを残しておいても良かったかも。シャーデーとケイト・ブッシュを掛け合わせたような楽曲群は素晴らしい出来栄えで、全6曲のEPとしては大満足。次のフル・アルバムにも期待です。

amber-mark-2-1-810x524.jpg
Monsoon (Official Video) ft. Mia Mark


バック・トラックに打ち込みがあるものの、EP収録曲の中では比較的、生っぽい音作りがされた曲です。終盤のシタールが哀愁漂っていてナイス。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカポップスソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。