The Pure Conjecture/ No Ghosts

The Pure Conjecture/ No Ghosts
2017年 
『イギリスらしい暗い幻影を楽しめるグループ』

 根暗で欝々。それでいて洗練されていて華麗なビートとコーラス。甘くソウルフルなヴォーカル、ぐるぐる回るシンセサイザー。みんな、どんよりしています。ちょっとポリスっぽいかもしれません。

 ウェールズのカーディフ出身。ポリスっぽいと言っておいて何ですが、10人編成の大所帯グループです。マシュー・イートンとダレン・ムーンという二人の作曲コンビを中心に結成されており、クレジットは以下。

Matthew Eaton (vocals/guitar), Darren Moon (vocals/guitar), Matthew Twaites (synths), Rose Elinor Dougall (vocals/piano), Johny Lamb (horns), Marc Geatty (bass), and Joel Gibson (drums). Additional contributors are Andrew Michell (lead vocals and co-writing credit on "Knock Four Times"), Ashley Mcavoy (backing vocals on "Not A Cloud In The Sky"), and Joe Harling (lead guitar on "No Ghosts").
the_pure_conjecture-620x428.jpg
誰が誰か、それは次回作までの宿題ということで!

メンバーはウェールズのみならず、イングランド、スコットランドの様々な場所から集結しているそうです。結成時期は不明ながら、本作はサード・アルバムになるとのこと。
a2811195834_10.jpg
ジャケ良し!

 ニューウェイヴ系のシンセ・ロックを土台としていながら、ホール&オーツがやりそうな陽光メロディーが入っていたりして、ノーザン・ソウルやAORのルーツも取り込んでいるのがポイント。無機質にリフを弾いていたかと思えば突如エモーショナルでノイジーなソロを弾き倒すギター、そして前述のソウルフルなヴォーカルが魅力的です。

 作曲デュオを中心に結成されただけに、楽曲の出来が抜群に素晴らしい。どんよりとした暗い幻影を楽しめる30分です。非常にイギリスらしいグループ!

The Pure Conjecture // No Ghosts [Trailer]


今回のアルバムに関するyoutubeはこの短い予告編のみ。再生回数も渋い。しかし信じて欲しい。これはいいアルバムなのですよ。Spotifyでも聴けるので是非。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する