スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Timothy Seth Avett As Darling/IV

Timothy Seth Avett As Darling/IV
2017年 アメリカ
『ニック・ドレイク、ロン・セクスミスのラインを通っているフォークが好きなあなたに。』

 甘く切ないメロディーと軽妙な歌い口。田舎の家の軒先で演奏しているかのような、素朴で気安い佇まいはまるで70年代の日本語フォークの如し。この寂しいギターの音色は何だ!これはいいシンガー・ソングライターです。

 ティモシー・セス・エイベット。3人兄弟の末っ子として、ノースカロライナ州コンコードにて、1980年に生まれました。現在36歳。兄であるスコットと共に幼少期よりバンド演奏を始めています。兄のスコットがバンジョー、セスがギター、幼馴染のボブ・クロフォードがダブル・ベースという編成。2000年よりエイベット・ブラザーズと名乗って活動しており、その後、キーボード奏者のジョー・クォンを加えて現在は4人編成です。ブルーグラス、アメリカーナといった伝統音楽に根差したカントリー・ロックをやっています。→音源(youtube) 本国アメリカでは人気を獲得しており、日本語のページもちらほらと。実績を積んでいるグループです。初めて聴きましたがルーツに根差していながらも渋くなり過ぎず親しみやすい音楽で素晴らしい。さて、セスの話に戻ります。グループとして9枚のアルバムをリリースする傍らで、セスはソロ活動をしており、これまで3枚のアルバムをリリース。2005年のサード以来、ブランクが空いていましたがこの度12年振りの4作目がリリースされました。
seth_iv_cover_1000x1000.jpg
このジャケからするとフォークというよりも甘いピアノ・バラードが似合いそうですが・・・

 エイベット・ブラザーズと比べるとメロウで淋しげな表情が印象的な作風。ギター弾き語りを中心に、曲によってはバンド・セット、ヴァイオリンが入る曲もあり。もちろんアメリカ発の音楽なので、陰よりも朗らかさが先に立つ部分もありますが、総じて穏やかなことは確か。メロディーの質が素晴らしい。ニック・ドレイク、ロン・セクスミスのラインを通っているフォーク好きな音楽ファンには是非聴いてもらいたいです。まずは以下の曲をどうぞ。

should we move


もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカSSWフォーク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。