スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Bash & Pop/Anything Could Happen

Bash & Pop/Anything Could Happen
2017年 アメリカ
『力の抜け加減が絶妙な純真パンク・ロック』

 力の抜け加減が絶妙な純真パンク・ロック。新人とは思えない、と考えていたら実はベテランでした。

 中心人物はトミー・スティンソン。80年代にはミネソタ州ミネアポリスを拠点に活動するザ・リプレイスメンツのメンバーとして活動しています。初期オルタナティヴへと繋がるガレージ系のロック・バンドとして支持を得ていた彼らですが90年代初頭には解散。その後、トミーが始動させたのがバッシュ&ポップでした。このグループはアルバム1枚きり(1993年リリース)で活動を停止させてしまいますが、リプレイスメンツ譲りの哀愁メロディーを持った、ナイスなグループでした。その後、トミーはガンズ・アンド・ローゼズへ参加することに。そしてそんなアルバムもCD棚の奥の奥にしまわれていた2017年、突如再結成してリリースされたのが、このセカンド・アルバムです。
MI0004161483.jpg

 ダイナミックなサウンドは、まるで90年代のロックンロールがそのままパッケージされているよう。トミーを含め、すべてのメンバーがベテラン・ミュージシャンな為、落ち着き払った演奏が印象的。パンク特有のがむしゃらさは希薄ながら、ロックンロールならではの身軽さは存分に感じ取れます。
BASHTOP.jpg

On The Rocks

キャッチーなメロディーが満載。これくらいシンプルで外連味のないグループ、出来れば新人で出てこないかなぁ。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。