Eric Bibb/Migration Blues

Eric Bibb/Migration Blues
2017年 スウェーデン
『暗闇に寄り添うアコースティック・ブルース』

 1951年生まれの現在65歳となったエリック・ビブ。彼の新作が素晴らしい出来だったのでご紹介。

 エリック・ビブはニューヨークで生まれ育ち、後にスウェーデンへ移住。70年代からブルースマンとして活動を開始します。フォーク・シンガーの父を持っていたエリック・ビブは、様々な音楽の影響を受けており、その中でもタジ・マハールのことを最も敬愛しているとのこと。連名を含めると既に30枚以上ものアルバムをリリースしているベテラン・ブルース・シンガーです。90年代後半から活動をますます活発化させており、わたしはこの辺りから聴き始めました。前作2014年作『Blues People』以来、3年振りの新作です。カナダのブルース・シンガーのマイケル・ジェローム・ブラウンやフランスのハーモニカ奏者、JJミルトゥがゲストとして参加しています。
BIBB_MigrationBlues_livret.jpg

 静謐なアコースティック・ブルースをやっています。戦前ブルースには無い後ろ暗さが宿っており、これはカントリーの根源であるアイリッシュのルーツから来るものだと感じました。ギターはもちろんのこと、優しく震える歌唱が素晴らしい。静かな深夜、寝る前に耳を傾けるのがおすすめ。

Eric Bibb interview and acoustic session - Migration Blues

アルバムとは異なり、弾き語りのみのパフォーマンスです。これで65歳ですか。まだまだ現役バリバリといったご様子で素晴らしい。来日情報のチェックは欠かさないようにしよう。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ スウェーデンブルース

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する