スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Stone Foundation/ Street Rituals

Stone Foundation/ Street Rituals
2017年 イギリス
『洗練されたブリティッシュ・ソウル』

  ストーン・ファンデーションという名前と、ストリート・リチュアルというタイトル。色々混じっています。更にポール・ウェラーがプロデュースを担当(2曲で作曲を担当している他、全曲のセッションに参加)しているイギリスのソウル・グループということで、聴いてみたくなりました。私は今回初めて聴きましたが、日本では既に認知されており、何度か来日も果たしているようです。
SFG.jpg

 ウォーリックシャー出身の8人編成グループ。ヴォーカル&ギターを務めるニール・ジョーンズを中心に結成されたのち(結成年度は調べきれませんでした)、2011年にデビュー作を発表。これまで3枚のアルバムを発表しており、本作は4枚目です。ニール・ジョーンズは80年代モッズ・リバイバルを通じて、ノーザン・ソウルに傾倒したルーツを持っており、そのままストーン・ファンデーションの音楽性と繋がっています。尚、本作にはゲストとして、ウィリアム・ベルやベティ・ラヴェットが参加していることもポイント。
SF4large.jpg

 前作までのアルバムを未聴の為、比較は出来ませんが、ポール・ウェラー・プロデュースらしい、洗練されたブリティッシュ・ソウルを楽しむことが出来ます。うるさ過ぎずに主張するストリングス、爽やかな鍵盤、所々のんびりしたパーカッション、差し込まれるフルートなどからイギリスらしさがプンプン漂ってきます。キャッチーさは控えめながら、十分にポップで聴きやすい。声量控えめながらスマートなヴォーカルもナイス。熱は抑えられており、柔和なソウル・ミュージックとして魅力抜群です。

Back In The Game ft. Paul Weller

メイキング映像多めのクリップ。真剣な制作現場の様子が伺えます。ポール・ウェラーもお元気で何より。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

#932 No title
お久しぶりでございます。

Stone Foundation、自分はこちらのブログで初めて知りました。動画を見てみましたがステキですね~気に入っちゃいました。

自分も彼らのビデオとかチェックしてみようかと思っています。
#933 Re: No title
waterblue様

コメントありがとうございます。

スタイル・カウンシルが好きなら絶対はまりそうな音だと思います。
気に入っていただけて何よりです。


> お久しぶりでございます。
>
> Stone Foundation、自分はこちらのブログで初めて知りました。動画を見てみましたがステキですね~気に入っちゃいました。
>
> 自分も彼らのビデオとかチェックしてみようかと思っています。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。