Imelda May/Life Love Flesh Blood

Imelda May/Life Love Flesh Blood
2017年
『ジプシー、サンバも取り入れた、柔軟な黒さへの憧れ』

 名前は知っていたもののアルバムを購入したのは初めてです。声量、艶、溜め、全てツボにはまった素晴らしいシンガー。「Crazy Love」(ヴァン・モリソン)調のバラードである1曲目「Call Me」を聴いてそう思いました。
imelda_may_wide-4524384d5e3478b9d9762f5c27cfe1b9b947436d-s900-c85.jpg

 イメルダ・メイはアイルランド、ダブリン出身のシンガー・ソングライター。1974年生まれ。2003年にアルバム・デビューを果たして以来、4枚のアルバムを発表。本作は5枚目となります。離婚後、LAで録音されたとのこと。
imela.jpg

 プロデューサーはTボーン・バーネットが担当。80年代から90年代にかけてロイ・オービソンやエルヴィス・コステロなど、多くの作品を手掛けた名プロデューサーです。12名ものスタジオ・ミュージシャンを招聘して録音。またゲストにはボノ、ジェフ・ベック、ジュール・ホランドなど豪華なメンツが集結しており、彼女の名声の高さを伺わせます。

 アルバムの内容は、タンゴ、ジプシー、ジャズ・ヴォーカルのムードも漂う、ソウルフルなポップ・ソング集。60~70年代を彷彿とさせるブルージーな演奏は、温故知新を得意とするプロデューサーのTボーン・バーネットならではの骨太なアンサンブルを聴かせてくれます。そんな中、うねるようなオルガンの使い方はアイルランド、イギリスらしさを感じさせます。

前述したヴァン・モリソンのように、黒人音楽、フォーク、トラッドをアイルランド人として吸収、転化して、彼女なりの音楽を作り上げています。ソウルフルであり、民族音楽らしいドロドロとした熱狂も感じさせてくれる、かっこいい音楽でした。

Black Tears (Audio) ft. Jeff Beck

甘いソウル・バラード。表題通り、ジェフ・ベックが参加しているのですが・・・・・・なかなかソロが来ないな・・・・・2:08からちょっとだけ弾いてくれています。ロッド・スチュワートがいた第1期ジェフ・ベック・グループでやりそうな曲だと思いました。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスSSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する