Laura Marling/Semper Femina

Laura Marling/Semper Femina
2017年 イギリス
『ジョニ・ミッチェル風で優しいアルバムに』

 前作ではロック色を強めつつも、内省的でダークな作風が印象的でした。しかし本作ではフェミニズムを指すであろうタイトル通り、柔和で包容力を感じさせるゆったりしたムードが特徴です。

 2006年にデビューした、イギリス、ハンプシャー州出身の女性SSW。当時、盛り上がっていたニュー・フォーク・ムーヴメントの中で、17歳だったローラは若さからは想像もできない渋い歌声と流麗なアコースティック・ギター、そして妖精のようなルックスで注目を集めました。これまで5枚のアルバムをリリースしており、その度にマーキュリー賞やBリット・アワードなどの賞レースにノミネートされる一流ミュージシャンです。尚、2011年にはブリット・アワードを受賞しています。
Hollie_3320_img02_F7_SRGB-4MB.jpg

 今回のアルバムではプロデューサーにアメリカ人であるギタリスト、ブレイク・ミルズを起用。ジョン・レジェンドなど、アコースティック系のミュージシャンを担当している人物です。またストリングス・アレンジとしてロブ・ムースを起用していることもポイント。前作をセルフ・プロデュースで籠って仕上げたのと対照的に開け放った制作過程と言えます。
homepage_large_4083b351.jpg

 アメリカ人プロデューサーということで、のどかなフォーク・・・というよりもジョニ・ミッチェルのような、ほのぼのとしたフェミニンなフォークが楽しめます。「Circle Game」や「Chelsea Morning」辺りの雰囲気を思い浮かべて頂ければ間違いないところ。ストリングスがいい仕事をしています。かつて、ジョニ・ミッチェルの音楽はイギリスの70年代女性SSWに大きな影響を与えました。例えば、シェラ・マクドナルドやクレア・ハミルのような、そんな慎ましやかだけれども心地よい英米折衷のフォーク・サウンドが蘇っています。これまでの彼女のアルバムの中でもダントツに親しみやすい出来。この機会に是非。

Wild Fire

Next Time


もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスフォーク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する