Real Estate/In Mind

Real Estate/In Mind
2017年 アメリカ
『気怠さが強調された新作』

 のどかで夢見心地なネオアコ、ギター・ポップで人気を博しているグループ、リアル・エステート。前作から3年を経て4thアルバムが到着しました。
41KeFPhDREL-300x300.jpg

 アメリカ、ニュージャージー州出身。2009年にデビューした5人組のポップ・バンドです。尚、今回メンバー・チェンジがあり、ギタリストのマット・マンダニルが脱退した代わりに、ジュリアン・リンチが加わっています。
Real-Estate-2017c-Shawn-Brackbill-671x377.jpg

 前作の延長線上といえる作風で、気怠いヴォーカルとゆらゆらとした陽炎ギターは健在。ギタリストの交代を経ても軸はしっかりしています。そうはいってもマットは中心人物だったようで、その分ヴォーカルが存在感を増幅。インストパートは大人しめ(唐突に挟まれていたインスト・ナンバーも無し)で、ヴォーカルとコーラス、エコーによる気怠さがより強調されている印象です。インスト・パートではピンク・フロイドっぽいサイケデリックなループを数か所で聴くことが出来、それは不穏でダークな雰囲気。気だるいというよりも鬱屈という感じです。こうなると不在だったマットのギターこそが、気怠くなりがちなバンド・サウンドに煌めきをもたらしていた、と気づかされる次第。

 それでも、どんよりとしたインスト・パートで前曲が終わった後のキラキラしたキーボードのイントロ、といったコントラストは素晴らしく、このアルバムの魅力だと思います。加えて、新加入ゆえの遠慮がジュリアンにはあったと思うので、次回作以降での新しい方向性に期待です。

Stained Glass

イエローサブマリン風のアニメ映像。「やりたかったのですね。」と温かく見守りましょう。無表情で涙を流すデカい顔が怖いなぁ。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する