Randy McQuay/My Kind of Blues

Randy McQuay/My Kind of Blues
2017年 アメリカ
『ピードモント・ブルースの復活』
1487604207_51gzzjdo7ml.jpg

 アメリカの若手ブルース・マンによる2枚目のアルバム。渋く深みのあるヴォーカル、ハンマー・クロウやトラヴィス・ピッキングといった伝統の奏法を駆使した流麗なアコースティック・ギターを、ホンキートンク・ピアノやハーモニカが盛り立てて、奏でられる演奏には酒場音楽のような軽妙さがあります。

 ブラインド・ブレイクやブラインド・ウィリー・マクテルを始めとする多くのブルース・マンを生み出したノース・キャロライナ州。その
地で育ち、ブルースに親しんだランディ・マッケイ。彼は16歳でアメリカ南東部へギターを片手に放浪の旅を敢行した後、ノースカロライナへ戻りバンドを結成。音楽活動を本格的に開始します。コンテストにも積極的に出場し、2012年のリー・オスカー・ハーモニカ賞、2015年のインターナショナル・ブルース・チャレンジといった賞を獲得。一方で2015年にファースト・アルバムである『Solo』を発表しています。
IMG_4994-400x312.jpg

 タイトルは「私なりのブルース」という意味でしょう。その言葉通り、かつてノース・キャロライナで栄えたピードモント・ブルースの特徴である軽やかなフィンガー・ピッキングは継承しつつも、よりファンキーな味わいがあり現代へと更新がされたブルースという感じがします。一人で盛り上がらず聴き手に寄り添うような優しい歌い方、演奏が素晴らしい。熱が籠っていながら落ち着きも感じられます。オールドスタイルのブルースで聴かれるフレーズが、そこかしこで受け継がれているのも好印象。
ファーストで気が付くことが出来ず申し訳ない、という気持ちになりました。素晴らしいブルース・マン。是非聴いていただきたい。

Randy McQuay Right Here


年齢非公開ですが恐らく20代でしょう。臨場感のある録音が素晴らしい。しみじみと演奏に浸ることが出来ます。
Randy McQuay & Port City Players // "Just A Closer Walk With Thee" // LIVE
こちらは去年のライブ演奏。アルバムとは異なるホーンとフィドルを入れた編成です。まったりした空気感が素敵。

早く有名になって日本に来てください。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカブルース

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する