Sinkane/ Life & Livin' It

Sinkane/ Life & Livin' It
2017年 イギリス
『ルーツのスーダン音楽をポピュラーと融合させた濃厚な音楽』

 スーダン系イギリス人、シンケインによる4枚目のアルバム。アフリカン・ビートとロックを融合させる手法は、70年代から多くのブリティッシュ・ロック・グループや英出身SSWによって取り組まれてきたもの。シンケインもそれら先達と同じテーマに向かっていますが、サハラ地方をルーツとしたメロディー、ビートが独自の個性を発揮しているのがポイント。のどかで海の匂いを感じつつも、洗練されたディスコ・サウンドに仕上がっていて癖になる音楽です。
homepage_large_51fe5b63.jpg

 スーダン系イギリス人と前述しましたが、現在はニューヨーク、ブルックリンで活動しているとのことです。
SINKANE.jpg

 東洋音階にも通じるゆらゆらとした横揺れが特徴のスーダンのメロディーが、ファンク、ディスコ、ロック等と巧みに融合。シンセサイザーの使い方はスペーシーで、ファンカデリックに影響を受けたとのこと。ブリティッシュ・アフリカンの音楽は、ドロドロとした粘っこさが薄れることがほとんどなのですが、シンケインの音楽の場合、洗練は確かに感じるものの濃厚さは損なわれていません。久しぶりに濃厚な無国籍音楽を楽しむことが出来ました。これはおすすめ。

U'Huh

アルバムを代表する2曲目。こんな気持ちいい「U'Huh」は久しぶりだ。ウキウキする心をソフトな歌声、浮遊するシンセサイザーが包んでくれます。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する