Ron Gallo/Heavy Meta

Ron Gallo/Heavy Meta
2017年 アメリカ
『60年代への敬意たっぷりのssw作』

 「いや、違う違う。ヘヴィメタじゃなくてヘヴィーメタルだから。」というやり取りを何度したことか。今回は、アメリカのシンガー・ソングライター、ロン・ギャロが発表したセカンド作『ヘヴィー・メタ』をご紹介。(煮え切らない・・・・・・)

 ロン・ギャロはフィラデルフィア出身。2007年、トイ・ソルジャーズというロック・グループを結成。鍵盤入りの5人編成であるトイ・ソルジャーズはこれまで3枚のアルバムを発表しています。グループの活動と並行してソロ活動もしており、本作は前述通りセカンド作となります。
RonGallo-Cover2.jpg

 1曲目 「Young Lady, You're Scaring Me」、明らかにローリング・ストーンズの「Heart Breaker」をイメージさせるヘヴィ・ナンバーが飛び出します。そして2曲目「Put the Kids to Bed」はパティスミス版「Grolia」っぽいギター・リフがフューチャー。彼は60年代のサイケデリック、ビート音楽に伴う荒々しさに惹かれているらしく、そのリスペクト振りは徹底しています。引き摺るようなディストーションで暴れまわるギター、感情豊かにシャウトするヴォーカルを中心に、伸び伸びとしたヘヴィー・ロックが楽しめます。サイケ時代のストーンズを従えてデヴィッド・ボウイが歌っているかのようなラスト・ナンバー「All the Punks are Domesticated」はドラマティックで、余韻の残る終わり方が素晴らしい。
rongallo-babys-paste-52616-0384_jpg.png

Young Lady, You're Scaring Me

この曲を聴いて彼をチェックした訳ですが、改めて聴いても、かなり「Heart Breaker」に近い仕上がり。金切り声のシャウトが絶好調で、とても楽しそうなライブです。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカロック

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する