FC2ブログ

Python Lee Jackson/In A Broken Dream

Python Lee Jackson/In A Broken Dream
1972年 オーストラリア
『ロッド・スチュワートが3曲で参加』

 フェイセス加入前のロッド・スチュワートが3曲で参加、という文言がインパクトを放つ!高校生の頃、ラジオ番組パワー・ロック・トゥデイでこのアルバムを知り、大学生の頃、西新宿の中古レコード店で発見して購入。(プレミアは付いていませんでした)そして2016年、遂にCD化されました。
Python_Lee_Jackson_-_In_A_Broken_Dream.jpg

 以下、ヴィヴィッドの解説を参考にして簡単なプロフィールをどうぞ。1965年にオーストラリア、シドニーで結成された4人組グループ、パイソン・リー・ジャクソン。当初はオーストラリアで活動していましたが、メンバーの半分がイギリスだったこともあり、1968年にはイギリスへと活動拠点を移すことになります。ロッド参加の経緯は、ヴォーカルを務めるベントリー自身が、既にソウル系ヴォーカリストとして実力が知られていたロッドに3曲歌ってもらうように頼んだとのこと。そちらはシングルとしてリリースされたものの、バンドは程なく分裂状態へ移行。ヤング・ブラッド・レーベルのミキ・ダロンが中心となって、メンバーを集結させて録音した音源を合わせて発表したのが本ファースト・アルバムです。

 オーストラリア時代にはサム&デイヴやカーティス・メイフィールドのカバーをシングルとしてリリースしていたパイソン・リー・ジャクソン。本作での音楽性もソウル度が高いです。ベントリーの書く曲はソウルフルでブルージー。泥臭く暑苦しいナンバーが並んでいます。ロッドの他、ゲイリー・ボイルも参加しており、オーストラリアのグループですが、イギリス主導のアルバムと考えて問題ありません。ロッド参加曲は文句なしにカッコよく、ショットガン・エクスプレス(←これ、インスト曲でした)でのパフォーマンスを彷彿とさせます。一方でそれ以外、グループ主導の音源はどうしてもインパクトで数段落ちるのが正直な所。悪くはないソウル要素を含むブルース・ロックではあります。エクスペリエンスの「Hey Joe」みたいな曲もあったりするのはご愛嬌。アルバムとしてのまとまりに欠けるものの、ロッド・スチュワートが好きであれば、一度は聴いておくべき一枚です。

Doing Fine

渋いブルース・バラードであるタイトル曲も素晴らしいのですが、モッズ度の高いロックンロールが楽しめるこちらの方がより興奮します。ぶっ飛んだギターを披露しているのはゲイリー・ボイル。※ではなく、パイソン・リー・ジャクソンのオリジナル・メンバー、ミック・リーバーです。情報を頂きました。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ オーストラリアロック

トラックバック一覧

コメント一覧

#930 No title
Rod "The Mod"のヴォーカルといい、Gary Boyleの唐突に振り切った(笑)ギターといい、
素晴らしいですね! 知らなかった。初めて聴きました!
#931 Re: No title
ハリー様 こんばんは
コメントありがとうございます。

> Rod "The Mod"のヴォーカルといい、Gary Boyleの唐突に振り切った(笑)ギターといい、
> 素晴らしいですね! 知らなかった。初めて聴きました!

ロッド・スチュワートはさすがの存在感。
それにしてもゲイリー・ボイル、こんなワイルドなギターも弾くのかとビックリしますよね。
#942 いきなりのコメント失礼します。
この、泣きのギターはMick liberが弾いてます。
何故か帯にはゲイリーボイルが弾いていると日本語で間違いが書いてありますね。
英語表記では、ハードドライビングギターとしてMickのクレジットが書いてあり、ゲイリーボイルはあくまでもjazz rock的な表記です。

何故こんなコメントをするかと言うと、僕が初めて聴いた泣きのギターがこれで、弾いた御本人に当時の話を伺ったからです。

Mickは今オーストラリアで隠居しています。

使用した機材は、沢山の酒とGibson SG、Marshall FuzzとVOX AC30だそうです。

ダブルトラックのギターは、イントロでフロントピックアップのボリュームを絞った所からいきなりリアにスイッチして
キュイーン!としたそうです。


急なコメント失礼しました。

#943 Re: いきなりのコメント失礼します。
通りすがりのアルバート様

貴重な情報をありがとうございます。
ミック・リバーというギタリストは勉強不足で知りませんでした。
調べてみるとオーストラリア出身で、本作後は
ブリティッシュ・ロック・シーンでのセッション活動もしていたようですね。
ゲイリー・ボイルはジャズ・ギターということは知っていたので、
言われてみれば違和感がありますね。

訂正しておきます。


> この、泣きのギターはMick liberが弾いてます。
> 何故か帯にはゲイリーボイルが弾いていると日本語で間違いが書いてありますね。
> 英語表記では、ハードドライビングギターとしてMickのクレジットが書いてあり、ゲイリーボイルはあくまでもjazz rock的な表記です。
>
> 何故こんなコメントをするかと言うと、僕が初めて聴いた泣きのギターがこれで、弾いた御本人に当時の話を伺ったからです。
>
> Mickは今オーストラリアで隠居しています。
>
> 使用した機材は、沢山の酒とGibson SG、Marshall FuzzとVOX AC30だそうです。
>
> ダブルトラックのギターは、イントロでフロントピックアップのボリュームを絞った所からいきなりリアにスイッチして
> キュイーン!としたそうです。
>
>
> 急なコメント失礼しました。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する