森田童子/ A BOY ボーイ

森田童子/ A BOY ボーイ
1977年 日本
『オーケストラでセンチメンタルを盛り上げろ』

 森田童子の3枚目です。てっきり最高傑作はファーストだと思っていたのですが、再発時の紹介文によるとサードが最高傑作とされているようです。編曲家は複数人起用。ジャックス、五つの赤い風船、吐痙唾舐汰伽藍沙箱、六文銭などで知られる木田高介が4曲、演歌も手掛ける若草恵が3曲担当している他、男はつらいよシリーズの音楽も担当したクラシック畑の青山勇と、元六文銭のギタリストでもある石川鷹彦が1曲ずつで編曲しています。森田童子が注目を集めていたからこその勝負を掛けた豪華メンバーなのでしょう。オーケストラ・アレンジが多く採用されていますが、セッション・メンバーのクレジットは一切ありません。
80215008.jpg

 フォーク畑の木田高介担当の楽曲は消え入りそうな歌唱とアコギこそが森田童子の作品の肝である、というシンプルな方針が貫かれています。オーケストラ・アレンジはギターと歌を邪魔していません。また石川鷹彦担当の「君と淋しい風になる」も同傾向ですが、終盤に情熱的なエレキギターのソロが入っています。

 もう一方の若草恵担当曲は、オーケストラ・アレンジの主張が激しく、ドラマティックな仕上がり。打楽器が轟く様は圧巻です。その為、「セルロイドの少女」の中盤から終盤に掛けての部分など、一部で森田童子が置いてきぼりになっている部分もあり。また、ヴォーカルの発声が不明瞭な箇所も少々あります。ただし森田童子の感傷を最大限に表現する方法としてバッチリ噛み合っていることも確か。グイグイ引き込まれます。

 青山勇が担当した「終曲のために 第3番 「友への手紙」」は、オーケストラをバックに従えての朗読でした。

 オーケストラ・アレンジで森田童子のセンチメンタルを最大限引き出そうとしたアルバムだと思います。最高傑作と言われるのも納得の濃密さがあります。しかしながら重いです。

君と淋しい風になる


もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本フォーク

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する