Theo Katzman/Heartbreak Hits

Theo Katzman/Heartbreak Hits
2017年 アメリカ
『ファルセット・ヴォーカルの洪水が気持ちいい!』

 スマートなシャウトと洗練されたコーラスで彩られたポップなロックンロール。バンド・サウンドとコーラスだけで紡がれる、シンプルで骨太な曲がかっこいい!
無題
いい表情!

 テオ・カッツマンのソロ1作目。テオ・カッツマンはヴァルフペックにてヴォーカル、ギター、ドラムを担当している人物です。おぉ、あのヴァルフペックか!どうやら僕も最新洋楽の事情通へと近づいているようです。ヴァルフペックの記事はこちらへ。尚、ヴァルフペックは新作をリリースしており、近日中にそちらも紹介予定です。ファンクグループ、ヴァルフペックとは別に、自身のルーツであるロックンロールを掘り下げるためにシンガーソングライターとして活動を始めたとのこと。
theo-katzman-752x440.jpg

 本体のヴァルフペックでのソフトな印象を残しつつ、よりビートが効いています。ただロックンロールかというと微妙で、冒頭で書いた通りポップさが際立っています。ヴァルフペックでも使っていたファルセット・ヴォーカルの洪水がこちらでも炸裂。今年最初の必聴盤はこれだ!

Theo Katzman – Break Up Together (In the Kitchen)

ライブ音源がありました。アルバムはバンドサウンドなので、全然印象が違うのですが・・・・・・これはこれで素晴らしい!もうこの3人で来日してくれればいいのに。
THEO KATZMAN - "Hard Work" (Live at Lagunitas Beer Circus in Azusa, CA) #JAMINTHEVAN

バンドの演奏もありました!オーディオテクニカのサーフボードがありますね。最もロックしているオープニング・ナンバーです。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカポップスSSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する