南波志帆/ドラマチックe.p.

南波志帆/ドラマチックe.p.
2016年 日本
『フレネシ提供曲の異質さが光る』
南波志帆-

 ミニアルバムとは言え、1年で2枚目のリリースはありがたい。多数の作曲者を迎えた6曲入りの内容。さぞバラバラの個性が発揮されているのだろうと思いきや、爽やかなガールポップとして一本の芯が通っており、まとまっています。新鋭のミュージシャン達を起用したためか、彼らが南波志帆のイメージに寄せている為なのか、はたまたプロデュースによるものなのかは分かりません。その中で異色なのはフレネシ作曲、ショック太郎作詞の「華胥の夢」でしょう。あの声ありきのフレネシが楽曲提供するという概念が自分には無かったので新鮮でした。南波志帆の爽やかで甘い歌声を以てしても曲の毒々しさが隠しきれておらず、素晴らしい。

 ミニアルバムとして十分な出来。南波志帆のミニアルバムと言えば、初期三部作が思い浮かびます。それと比べてしまうと無難としか言えません。個性の強い作曲家群と若い南波志帆が組み合わさった、あの瑞々しさはきっともう再現できないでしょう。それならば、はみ出した方が面白そう。フレネシの提供曲を南波志帆の歌声で、もっと聴いてみたい。


月曜9時のおままごと

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する