ビンジョウバカネ/Afters

ビンジョウバカネ/Afters
2005年 日本
『名曲をポコポコに』

 後にAPOGEEなどで活躍する永野亮とソロのSSWとして活動している森ゆにが在籍していたことで知られるグループ、ビンジョウバカネ。ミニアルバム2枚のみで解散してしまった彼ら。本作は2枚目のミニアルバムです。

 ビンジョウバカネは作曲とヴォーカルを分け合うスタイルを特徴としているトリオ編成のグループでした。アコギやピアノなどアコースティック重視のバンド・アンサンブル、そして凝ったコーラス・ワークと変拍子。この辺りが彼らならではの特徴でしょう。ヘンテコでポップな曲を書いてやろう、という気概を感じました。
7186vT61JdL__SY355_.jpg

 このアルバムは5曲がカバー、3曲がオリジナルという構成。アコギでオルタナっぽい感じの「イパネマの娘」、アコギでネオアコ調「Anarchy In The UK」と「Lithium」など、カバー曲は原曲よりもかなりリラックスした感じに仕上げられています。森ゆにのヴォーカルはソロ転向後の方がうまいかな、とは感じますが爽やかで素晴らしい。ポコポコとした演奏もいい雰囲気です。オリジナル曲は3人それぞれが持ち寄っています。後の世界観が完成している森ゆに、永野亮の曲も良いが、ここでは中川氏のカントリーバラード「悲しき原風景」が新鮮でした。

動画がありませんでした。
関連するタグ 日本ポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する