Orango/The Mules Of Nana

Orango/The Mules Of Nana
2017年 ノルウェー
『こんな北欧ロックンロールがあってもいい』

 一時期、隆盛を誇っていた(1990年代後半から2000年代前半まで)北欧ロックンロール系グループはルーツの一つにパンクがあり、疾走感のあるバンド・サウンドが特徴でした。そして2017年、再びロックンロール愛を叫ぶグループがノルウェーから登場。埃っぽくブルージー。レイドバックしていて土臭さ満点。ルーツはレイナード・スキナードとZZトップという新しい(?)北欧ロックンロール・バンドです。
a2224624630_10.jpg

 ノルウェーのオスロを拠点に活動するオランゴ(オラウータンのこと)は2004年に結成されました。4人編成のグループです。学生時代より地元のフェスや学園祭などを精力的に回ることにより、知名度を獲得。ノルウェーで最もハイエナジーなロックンロールを演奏するバンドとして知られているとのこと。2010年にアルバム・デビューを果たしており、本作で6枚目となります。

 フェイスブックのリスペクト欄にはレイナード・スキナード、ZZトップのみならず、マウンテンやCSN&Y、ツェッペリン、フリートウッド・マック(ただしピーター・グリーン期)といった硬派なメンツが並んでいます。
0008662350_10.jpg

 実際、彼らの音楽はレイドバックなハード・ロック・サウンドが特徴。隙間を空けたゆったりとした空気感、ずっしりとしたヘヴィネスは本場ゆずり。しかもCSN&Y(ピリピリしている方のCSN)やマウンテン譲りと思われる叙情的なコーラス・パートもあり、アメリカのストーナー勢が陥りがちな一本調子な展開とは無縁。全編、飽きずに聴きとおせました。演奏もさすが6枚目のアルバムだけのことはあり、達者。本家アメリカン・ハードなみの迫力を味わえます。

Give Me A Hundred

この曲だけだとまるで「不良がやっているTHE BAND」みたいに思えて来ます。まったりブルージーなAメロから、CSNなコーラスがちょっと不穏なBメロ、そしてサビのナナナー・・・・・・これは爽やかで素晴らしい。こんな北欧ロックンロールがあってもいい。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ ノルウェーHR/HM

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する