Imperial State Electric/All Through The Night

Imperial State Electric/All Through The Night
2016年 スウェーデン
『枯れ具合が最高』
imperialstateelectricallthroughcd.jpg

 ハイ・ペースでリリースを続けているインペリアル・ステイト・エレクトリック。本作で5枚目となります。インペリアル・ステイト・エレクトリックについては3RDリリース時の記事をご覧ください。(4枚目は出ていることに気が付いていませんでした。これから聴きます。)

 ロックンロールのルーツを探究するのが彼らのアイデンティティー。これまでもカントリー要素が強い曲はありましたが、今作ではもはやロックンロールには収まらない、本格カントリー・ロックも収録しており、一皮むけた感じがします。女性コーラスの華やかさ、スライド・ギターの哀愁、ホンキートンク調のピアノ、ダンディなヴォーカル、と彼らの魅力が満載。ファスト・チューンでの疾走感、キャッチーなサビのメロディーも健在で、渋味を増しつつもエネルギッシュな魅力は失っていません。
ob_5f7108_ise-2016-color1-photo-johan-bergmark.jpg

Break it down

せっかくなので「ど」カントリー・ロックな曲を。スライド・ギターがキュンキュンしている中でも、うねるような曲展開で個性を主張しているところが素晴らしい。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ スウェーデンHR/HM

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する