スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Dee Snider/We Are The Ones

Dee Snider/We Are The Ones
2016年 アメリカ
『ディー・スナイダー健在』

 ディー・スナイダー、3枚目のソロ作。などと書いてみても自分でもディー・スナイダーが3枚もソロ・アルバムを出していることは知りませんでした。そもそもディー・スナイダーのことを、ここを読んでいる方々はご存じなのでしょうか?基本的なことから書いてみようと思います。

 ディー・スナイダーは元々、トゥイステッド・シスターというグループで活動していました。トゥイステッド・シスターはLAメタル全盛期の立役者となったグループで、1980年代に活躍。PMRCが選ぶ最も不愉快な15曲(1985年)のリスト入りを果たした「We're Not Gonna Take It」など、下品なメッセージを込めたポップなヘヴィ・メタルが特徴でした。ディー・スナイダーはその看板シンガーとして、悪童を力いっぱい演じてグループを牽引。爬虫類系のヴォーカルのインパクトと共に大人気となりました。バンドの栄華は80年代の数年で終わり、一度の再結成を経たトゥイステッド・シスターも2016年に再度解散したとのこと。ディー・スナイダーは再結成トゥイステッド・シスターと並行して、別グループでの活動やソロ・アルバム制作と精力的に活動しています。バンド解散後、すかさずソロ・アルバムをリリースする姿勢も頼もしいです。
dee-snider.jpg

 ディー・スナイダーが61歳にしてリリースした今回のアルバム。素晴らしい内容です。元々アリス・クーパーからの影響を感じさせるグラム・ロック系のサウンドを得意としていましたが、ソロとなって自身のヴォーカルによりスポットを当てることでより派手でポップな面が強調されています。分厚いバンド・サウンド、年月を経て嗄れ声になったもののけれん味たっぷりのヴォーカル、共に素晴らしい。メタリックなギター・ソロの後ろでストリングスが入っていたりする辺りにソロっぽさを感じますが、トゥイステッド・シスター本体との差異はほとんど感じません。全く期待していなかった分、うれしい驚き。尚、本作では「We're Not Gonna Take It」をリメイクしており、パワー・バラード調にアレンジされています。

We Are The Ones

血管が浮き出てきそうな団結ソングを60越えのディー・スナイダーが歌っていると思うと、無性にうれしい。言葉選びも単純明快で、往年と何ら変わりません。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカHR/HM

トラックバック一覧

コメント一覧

#924 No title
ジェシー芝池さん、ごぶさたです。
ディー・スナイダーさんは、メタル苦手な僕が好きだった数少ないHard Rockerでした。メタルっていうより、ラモーンズとかっぽいあほくささやお茶目さが好きでした。
まだ健在なんですね!ちょい興味ありです。
#925 Re: No title
golden blue様
こんばんは
コメントありがとうございます。

お茶目であほなノリは彼らの魅力ですよね。
トゥイステッド・シスターは最近、3度目くらいの解散をしたようですが、
ディー・スナイダーはまだまだ現役です。
このアルバムに限らず、色々とやっているみたいなので
宜しければチェックしてみてください。


> ジェシー芝池さん、ごぶさたです。
> ディー・スナイダーさんは、メタル苦手な僕が好きだった数少ないHard Rockerでした。メタルっていうより、ラモーンズとかっぽいあほくささやお茶目さが好きでした。
> まだ健在なんですね!ちょい興味ありです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。