Brian Eno/Reflection

Brian Eno/Reflection
2017年 イギリス
『来月の家計を練るときはこれを聴こう』

 ブライアン・イーノの新作を聴きました。熟考する時間の為の音楽ということでこのタイトルが付けられたそうです。特定の場所、目的に対して作られる環境音楽(アンビエント)であり、『Music For Airport』など初期の作品群に通じるものとなりました。目的の為の邪魔をしない音楽ですね。
eno-11_15_2016.jpg

 全1曲(54分)で構成されているので1度再生したら、あとはぼーっと聴くだけ。シンセサイザーが折り重なって、風鈴のようなさりげなさで旋律を奏でています。

 ブライアン・イーノがアンビエントを始めた時点の個性をもう一度練り直しているので、素晴らしい出来です。往年の作品と比べて奥行きがより感じられる印象。熟考する時間の為の音楽ではありますが、これ以上書くことは無し。長く愛用出来るアルバムです。

※1曲なので動画も全編収録という太っ腹仕様。

Reflection

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリス環境音楽

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する