Hey! Hello!/Hey! Hello! Too!

Hey! Hello!/Hey! Hello! Too!
2016年 イギリス
『分かりやすいパンク・ポップが並んだ佳作』

 1990年代後半、わたしはワイルドハーツというグループにズッポリとハマっていました。キャッチーさとヘヴィーさを両立させたハイテンションな音楽の洪水を浴びて、浴びて浴びて・・・・・・。しかし金属音を強調したヘヴィー路線に舵を切って以降、ジワジワと心が離れてしまい今では新譜が出たらyoutubeでチェックするくらいの付き合いとなっています。 このヘイ・ハローもワイルドハーツのリーダー、ジンジャーによる新しいグループの一つ。
HeyHelloTooCover.jpg

 あまり期待していなかったのですが、グラム・ロックのような煌びやかさにグイグイと惹きつけられました。

 ヘイ!ハロー!は2012年から活動開始。メンバー・チェンジをしているようで現在は日本人二人を含む4人組の日米英混合国籍グループとして活動しています。今回のアルバムでは各曲で異なるヴォーカルを迎えているようで、特に女性ヴォーカルの活躍が目立っているのもポイントです。

21066847639_ec1d7c7fd9_n.jpg

 ザクザクのギター・リフと躍動感のあるキャッチーなメロディーを軸とした、分かりやすいパンク・ポップが並んでいます。分厚い多重録音コーラスと、ノイジーな音響の組み合わせは健在。ジンジャーの個性である唐突な楽曲展開は抑えられており、素直に気持ちよく楽しめます。専任の女性ヴォーカルは、概ね力強く快活な歌声を披露しており、素晴らしい。日本人メンバーが居ることもあり、数曲では日本語詞で収録してくれています。これは新鮮です。

 バーニー・トーメのグループ、トーメ(Torme)の曲をカバーするというロック・マニア振りを披露してくれているのもポイント。音圧が高いうえにテンションも一定なので、ちょっと中盤ダレてしまうところもありますが、近年のジンジャー作品では佳作だと思います。

Automatic Love

ザクザク・リフからシリアスなサビへの繋ぎはジンジャーの得意とする所です。そんな曲に女性ヴォーカルがバッチリハマっていて素晴らしい。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ イギリスロックHR/HM

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する