Roland Johnson/Imagine This

Roland Johnson/Imagine This
2016年 アメリカ
『アトランティック・ソウルへの愛情があふれる一枚』

 ジェイムス・ブラウンとオーティス・レディングが好きでソウルを歌い始めました!という50代(推定)のおじさんシンガーのデビュー作。それが本作、『Imagine This』だ。
51QCUDcyrJL__SS500.jpg

 
 アトランティックから出ていそうなジャケ。これはチェックせざるを得ない。

 彼について書けることはほとんどありません。フェイスブックはあるのですが、詳細なデータは見つかりませんでした。分かったことはセントルイス出身ということと、冒頭で書いたことだけ。Youtube動画は2014年頃からあるようなので、その頃から活動を開始したのかもしれません。
 
 内容はジャケ同様、アトランティック・ソウルを踏襲したもの。昨今のヴィンテージ・ソウル勃興の流れを受けて、デビューしたことは間違いありませんが、クオリティは高いです。本人のヴォーカルは朗々として力強く、さすがに50代で歌い始めただけある貫禄を持っています。低音の伸びが素晴らしい。ジェイムス・ブラウンやオーティス・レディングと比べると、声量では少々分が悪い(ちょっと掠れてしまうところがあり)ですが、素晴らしいシンガーであることは間違いありません。
ブラス、オルガン、ピアノ、ギターなどによるバックも、アトランティック・ソウルの雰囲気を心得たゴージャスな演奏で、歌を盛り上げています。

 楽曲は全て彼のオリジナル曲で構成されており、それらはアトランティック・ソウル並みの水準をクリアしたものばかり。これぞという決め曲こそ無いものの、存分に温故知新を満喫出来ました。

Promised Land

ハイライトはレニー・スミスとのデュエット・ナンバー。ねっとりとした仕上がりが最高です。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカソウル

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する