Tom Jans/The Eyes Of An Only Child

Tom Jans/The Eyes Of An Only Child
1975年 アメリカ
『ロック度が高く華やかになった2nd』

 当ブログでは既にファーストを取り上げているトム・ヤンス。今回はセカンド・アルバムを取り上げます。本作は2016年に「ナイス・プライス・リターンズ」シリーズでの再発がされています。以前から当シリーズのリストに入っていたアルバムですが、今回は1300+税ですからお買い得度も格別。

 ロサンゼルスを拠点として活動していたSSW。1974年にファーストをリリースした後、翌年に発表したセカンド・アルバムが本作です。

 元来、カントリーを土台にした楽曲作りを得意とする彼がバンド・サウンドに興味を示して制作されたアルバムです。特にリトル・フィートに影響を受けていたらしく、ローウェル・ジョージが2曲に参加。作曲とプロデュースを担当。デヴィッド・リンドレー(g)、ジェシ・デイヴィス(g)、ジェフ・ポーカロ(dr)など、ローウェル・ジョージが連れてきた一流のセッション・プレイヤーが録音に参加しています。
 
 ロック度が高まっているのは確かで、「Where Did All My Good Friends Go?」など一部の楽曲では横乗りのグルーヴ感が強調されていて、SSWの作品とは思えないバンド・アンサンブルが楽しめます。ただし主軸はあくまでも内省的なカントリー・フォーク。ローウェル・ジョージが参加した2曲を含め、多くの曲は牧歌的な味わいの優しい歌で占められています。バンド・サウンドが強化された影響で、より瑞々しく叙情性が際立っているのがポイント。新しい試みがアルバムに奥行きを与えています。
51P-RKIB8lL.jpg

そして抜群のアルバム・ジャケット。これも含めて人気の高い作品です。

Lonely Brother

 大人の渋味がたっぷり詰まった、ソウルフルなバラード。孤独に生きる者たちへの励ましのメッセージを込めた曲です。歌詞カードがあるとやっぱりいいですね。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカSSW

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する