スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

LP/Death Valley EP

LP/Death Valley EP
2016年 アメリカ
『シンプルなライブ・ヴァージョンもいい』

 LPという名前にちょっと戸惑ってしまいますがれっきとしたミュージシャンの名前です。EPというのがタイトルについているので余計に紛らわしいですね。リアーナやクリスティーナ・アギレラ、バックストリート・ボーイズなどに楽曲を提供していたという過去を持つ、一流のSSWです。僕は全く知りませんでした。
LP-Death-Valley-EP.jpg

 2011年からソロに転向した彼女は現在まで3枚のアルバムをリリース。ロサンゼルスを拠点として活動しています。今回、ご紹介するのは最新の5曲入りEP。既に大物ミュージシャンの仲間入りを果たしているはずですが、ほとんど今作について日本語での紹介ページを発見することが出来ませんでした。

 最初に挙げた楽曲提供先のミュージシャンがイケイケなメンツ揃いなことで、色々と警戒されがちですが、そちらに縁のない洋楽ファンにもバッチリ馴染める音楽性を持っています。

 まず、ドスの効いたパワフルな歌唱がインパクト抜群。加えてメジャーな舞台で培われた作曲能力から生まれた楽曲群が素晴らしい。ダンサフル且つキャッチーで、ドラマティックな盛り上がりを持ったものばかり。シンセ、ストリングスを中心としたダイナミックなアレンジもポイント。ここは自分にはやり過ぎなところも感じましたが、たまにはこういう「ザ・メジャー」な音楽もいいですね!

LP - Strange (Live Session)

アルバムとは異なるシンプルなライブ・ヴァージョン。コーラス部で民族音楽っぽい感じが出ているのが印象的です。これぞアンセムという仕上がり。それにしても強烈なカリスマを感じさせるパフォーマンスです。お見事。アルバムのヴァージョンよりもこちらの方がいいかも。

もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ アメリカSSWポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

#912 逸材ですね
LPさん中々の逸材ですね。
フルアルバムが楽しみです。
#913 Re: 逸材ですね
オトシン様
コメントありがとうございます。

気に入っていただけてうれしいです。

キャリアは既に大物といっていい存在なのですが、
洋楽不遇の今の日本では
デビュー時にしか注目しないので
数枚アルバムをリリースした後は
彼女ほどの大物でも放置されてしまっているようです。

来年リリースされるであろう新作にも期待ですね。



> LPさん中々の逸材ですね。
> フルアルバムが楽しみです。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。