スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

サニーデイ・サービス/ DANCE TO YOU

サニーデイ・サービス/ DANCE TO YOU
2016年 日本
『猛暑にはサイケデリックが似合う』

 再結成3枚目のアルバム。今回は世間での評判の高さと、一見すると誰のアルバムか分からないジャケットのデザインに惹かれて購入しました。
20160813002431.jpg

 夏っぽいジャケット同様、夏の陽炎のような揺らめきをサイケデリックなサウンドで表現しているのでしょう。とろーんとしたアコギと幽玄なエレキ・ギターの組み合わせ、少し引っ込んだヴォーカルなどから、これまでのサニーデイ・サービスのイメージと少し違う印象を受けました。ポップでダンサフル、という評判通りに跳ねた曲が多いです。しかしビーチ・ボーイズを下敷きにしたであろう「パンチドランク・ラブソング」を聴いても、爽やかさよりもどんよりした感じが伝わってしまうのがポイント。それは、サニーデイ・サービスらしく、70年代の日本語ロック&フォークのような暗さが底の所に溜まっているからなのでしょう。特に「冒険」はその傾向が顕著に表れています。サビはピンクフロイドみたいな「パパパ」ですけれども。また、歌詞に生活感が無く、ふわふわしているのが印象的。

 今年の猛暑にどよーんとしたこのアルバムはピッタリでした。久しぶりに触れたサニーデイ・サービスのアルバムだから、もうちょっと馴染ませてみようと思います。40分弱の再生時間もジジイになった自分にやさしいことですし。

セツナ

こわいなぁ、この映像。
4分の曲ですが、長時間の映像にして新しい切り口を・・・・・・
いや、やっぱり分からないです。
きっと芸術的。
もっと読まれたい。ランキングのクリックにご協力を。→
関連するタグ 日本ロックポップス

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。