FC2ブログ

Joe Cocker/Live At Woodstock

Joe Cocker/Live At Woodstock
1969年録音(2007年発表) イギリス
『ロック史上屈指のライブ盤』

 最近、有名なウッドストックのドキュメント映画をDVDで購入。3回目くらいだろうか、もう一度鑑賞し直しました。今までよりも早送りしていないことで、自分も年齢を重ねて幅広い音楽を楽しめるようになったな、という感慨があり。そんな中、一際目を惹いたのがジョー・コッカー&グリース・バンドのパフォーマンス。あの長編ドキュメントをぼやーっと眺めていた僕をシャキッとさせたのですから、会場ではもっと凄かったのでしょう。もしかして、と検索したらこのライブ盤が発売されていることを知りました。ロック・ファンには有名な発掘音源みたいです。
51qyt_7R3QL__SY355_.jpg

 ウッドストックの記録音源、映像では1曲「With A Little Help From My Friends」(ビートルズのカバー)だけしか聴くことが出来ませんでしたが、こちらでは全11曲を通して聴くことが出来ます。もっともジョー・コッカーが登場する前にグリース・バンドのみで演奏していた部分があり、それはカットされているとのこと。

 収録曲内訳は、まずジョー・コッカーのオリジナルが2曲(「Something’s Coming On」「Something To Say」)。残りはカバーでボブ・ディラン3曲(「Dear Landlord」「Just Like A Woman」「I Shall Be Released」)、ソウル・シーンのソングライター・チームASHFORD、SIMPSON & ARMSTEADによるレイ・チャールズ楽曲2曲(「Let’s Go Get Stoned」「I Don’t Need No Doctor」)、ハニー・バス「Do I Still Figure In Your Life」、トラフィック「Feelin’ Alright」、ホセ・フェリシアーノの持ち歌「Hitchcock Railway」、ビートルズ「With A Little Help From My Friends」という構成。

 「Do I Still Figure In Your Life」をこの時点で選曲しているのは凄い。

 ここが見せ場と冒頭から声を絞り出すじょー・コッカー、荒々しく泥臭い演奏で熱狂を生み出すグリース・バンドの組み合わせは、スタジオ盤とは比べ物にならない素晴らしさ。倦怠感が漂うジミ・ヘンのウッドストックも素晴らしいが、やはりクライマックスはここでしょう。
Joe Cocker - I don't need no doctor (Live at Woodstock 1969)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスブルースSSW