FC2ブログ

Gareth Pearson/A Tweak on Antique

Gareth Pearson/A Tweak on Antique
2019年 イギリス
『のどかなギター・インスト』

 イギリス、ウェールズ出身のギタリスト、ギャレス・ピアスンのサード・アルバム。

 フィンガー・ピッキング・スタイルによるギター・インスト作です。
Gareth.png

 端っこに顔だけ出している猫がいい塩梅のジャケットが切っ掛けで聴いてみました。

 本人のギター・ソロ作と、バンド編成によるセッション、という二つの構成で録音されています。オリジナル曲が7曲、ドク・ワトソンによるブルーグラスの名曲「Black Mountain Rag」、ショスタコーヴィチの「Waltz No.2」、ハリー・ダクレ作曲の流行歌「Daisey Bell」というラインナップのカバー3曲、計10曲という内容。

 カバー曲は有名なものばかり。軽妙なギター・インストへと見事にアレンジされており、そのセンスがうかがい知れます。過去作ではマイケル・ジャクソンの「Thriller」などもカバーしており、親しみやすい入り口を作り、魅力を知ってもらおうという心意気に感心。

 柔らかく滑るギターの音色が素晴らしく、若手ギタリストの有望株として高い評価を得ているのも納得の腕前です。オリジナル曲は、清々しく優雅なメロディーが心地よい。一部の輸入盤店がネット通販をしています。

Daisy Bell (Bicycle Built For Two) - Gareth Pearson

続きを読む(動画があるよ) »
スポンサーサイト



関連するタグ イギリスフォーク

Vulfpeck/Hill Climber

Vulfpeck/Hill Climber
2018年 アメリカ
『もう熟れていますよ』

 ヴルフペックの4thアルバム。フォークやファンク、テクノ、8ビットチューンなど、ジャンルごった煮のR&Bグループとして活動しています。デビュー・アルバムとなった『Thrill of the Arts』以降、年1枚のハイ・ペースで新作を発表し続けているところもポイント。メンバーはJack Stratton、Theo Katzman、Woody Goss、Joe Dartの4人。それぞれマルチ・プレイヤーであり、ヴォーカルも分担しています。今までのレビューはこちら
a0869185133_5.jpg

 毎回、少しずつコンセプトを変えてくる彼らの作品。前半はAOR風という印象を受けます。彼らの初期作で、黒さ、ファンキーな魅力にやられていたので、この変化は少々残念。中心人物であるテオ・カッツマンの趣向が反映されたのでしょう。後半はインスト・パートとなっており『THE GAME』あたりのクィーンを彷彿とさせる、ポップなファンク・チューンあり、ファミコン風インストあり、ディスコ調インストあり、とバラエティー豊かな音楽性は相変わらず。ゲスト参加曲は4曲で主に女性ヴォーカルをフューチャーしたものとなっています。尚、フューチャリング名義でテオ・カッツマンの名前がありますが、これはヴォーカル曲で彼をフューチャーしました、という意味でしょう。ゲストではなく、彼はメンバーです。

 聴き終わってみれば、キラキラしたエレピが素晴らしく、AORな前半もお気に入り。いいアルバムです。

 自分としては初期のEP群、及びファーストからセカンドに掛けてが今の所、ピークという印象。それはそれとして。ライブは素晴らしいのでしょう。
 
 洋楽ファンにも十分、彼らの名前が知られてきた今。まだ来日していないという事実にも焦らされております。時間がもったいない。もう熟れていますよ。

Half of the Way (feat. Theo Katzman)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカポップス