FC2ブログ

阿佐ヶ谷ロマンティクス/灯がともる頃には

阿佐ヶ谷ロマンティクス/灯がともる頃には
2018年 日本
『中道路線への挑戦』

 もし昨年の総括記事を作ったならば(結局、放り投げたまま作れませんでした)阿佐ヶ谷ロマンティクスのファースト『街の色』を1番聴き込んだアルバムとして選出しようと思っていました。それくらい入れ込んでいた阿佐ヶ谷ロマンティクスのセカンドがリリースされたので、早速購入。
91BHgsQv09L__SX355_.jpg

 シティ・ポップ・レゲエと標榜していたスタイルに大きな変化はないようです。メンバー表記からベースが抜けており、4人となっています。現在はサポートを入れて対応している模様。

 黄昏れたギター、そして紡がれる美しいメロディー、共に健在でうれしい限りです。前作と比べるとキーボードが前面に出ている印象で、爽やかに鳴っているのが印象的。

 メインを張る女性ヴォーカルは情緒たっぷりに歌い上げており、魅力的です。しかしながら、前作でも感じた不安定さがより際
立ってしまっており、一部でバックに埋もれてしまっている箇所があるように感じました。前作ではこの部分をアレンジで補っていたのですが、本作はよりライブに近い、シンプルな仕上げがされているので目立ってしまっているのでしょう。この安定しない感じが魅力的な歌声なのですが、もう少し強靭さがあれば、というところです。

 アレンジは前述した通り、前作に比べるとシンプル。ブラスも入ったりコーラスを挟んだりと十分凝っているものの、とがったギター・ソロが少なくなっていたり(これは残念!)、とコンパクトにまとめられた印象。楽曲もクオリティが高いものを揃えているものの、ファーストと比べるとインパクトに欠けます。ファーストほどの妄執を感じないというか、そう感じるほど前作に入れ込んでいたということで仕方ないのかもしれません。

シティ・ポップとしてのまろやかさ、みたいな中道路線への挑戦は成功しており、聴きやすさは抜群です。またファーストで感じた歌詞の乙女チック要素が抑えられているところも、個人的にはうれしいポイント。(あれはあれで個性なのですがやはり恥ずかしかったので。)

 土曜日にライブを行うことが多く、土日が忙しい仕事なので
なかなか予定が合わずに参加出来ていないです。
しかしながら、今度休みを取って行ってみます。

君の待つ方へ

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本シティポップレゲエ