FC2ブログ

Trickster/Back To Zero

Trickster/Back To Zero
1979年 イギリス
『英米いいとこどりのパワーポップ』

 70年代のブリティッシュ・ロックばかりに没入していた以前、1970年代後半のものを敬遠しがちでした。ポンプ・ロック~パンク~ニューウェイヴの流れに馴染めなかったことに加え、スケールが小さい印象も抱いていました。今はそういうことは無いですが、フラットな感情であっても、なかなかこの年代のアルバムが揃ってこない状態です。まだ偏見があるのかな。

 本作も存在は知っており、わざわざ今は亡きストレンジデイズが再発しているのですから、悪いはずは無いだろうと思っていながらなかなか手を出さなかったアルバムです。それなのに、Youtubeのおすすめ動画をクリックしてまんまとハマってしまった次第。
Trickster - Back To Zero [Japan remaster _4]

 後にELOパート2に参加することになるフィル・ベイツを中心とした4人組グループ、トリック・スター。1977年にデビュー作をリリースしており、本作はセカンドとなります。

 ソフトで甘い歌声、爽やかなコーラス、とろとろにポップなメロディー、と三拍子揃ったパワー・ポップをやっています。ELOのスペーシーでカラフルなポップさと、クィーンやコックニー・レベルのような演劇性を同時に受け継いでいるところは、さすが英国のグループ。しかしながら、このバンドの肝はそこではなく、AORやブルーアイドソウルなど、アメリカ音楽からの影響も同じくらい発露しているところがポイント。時にはジャーニーやボストンを先取りしたかのような、メロディアスなパワー・ロック・サウンドも聴かせてくれます。英米折衷とは言いますが、これほど目まぐるしく入れ替わる音楽性も珍しい。彼らが影響を受けた音楽性の幅とキラキラしたアレンジは、1979年ならではの味わいだと思います。残念ながら個性としては小粒になってしまっていますが、曲単位でピックアップして楽しむ現代には合っているかもしれません。 

Trickster /Tomorrow Belong To Me
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック