FC2ブログ

Black Aces/Anywhere But Here

Black Aces/Anywhere But Here
2017年 オーストラリア
『オーストラリアの伝統芸能、また受け継がれる』

 オーストラリアのハード・ブギ、ロックンロール・バンド、ブラック・エーセスのセカンド・アルバム。

 オーストラリアのビクトリア州にある都市、ベンディゴで2007年に結成された4人組グループです。地元のライブハウスで経験を重ねる後、
Lead Guitar/Lead Vocals - Tyler
Rhythm Guitar - Jazz
Bass Guitar - Alex
Drums – Pete
という現在のラインナップに落ち着きました。長い下積みを経て、2016年デビュー作『Shot In The Dark』をリリース。アルバムはオーストラリアのロック・チャートで20位以内に入り、それを機にヨーロッパ・ツアーを敢行します。また、ウェールズのハード・ロック・フェス、HARD ROCK HELLフェスティバルに於いて、Ratt、Living Colour、Molly Hatchetといったメンツに混じり、メインステージで出場しました。(それにしても懐古色の強いラインナップだ)そして2017年、彼らはイギリスのレーベルOff Yer Rockaとの契約に成功。オーストラリアの伝説的なプロデューサー、マーク・オピッツ(AC/DC、INXS、COLD CHISEL)を迎えて、『Anywhere But Here』をリリースしました。
81WUndeE2ML__SY355_.jpg

 「ニュー・ヴィンテージ・AC/DC」とグループのスタイルを表明しており、名産品の新しい職人が登場したかの如き、堂々たる表記であります。「俺たちはエアーボーンよりも、ボンスコット時代のAC/DCを愛する」といった発言から伺える通り、ブギー愛(=AC/DC愛)が貫かれたハード・ロックンロールが楽しめるアルバムです。うん、もう書くことないぞ!

Anywhere But Here
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ オーストラリアHR/HM