THE GYPSY VIOLIN Laszlo berki and His Gypsy Ensemble

THE GYPSY VIOLIN Laszlo berki and His Gypsy Ensemble

神技のジプシー・ヴァイオリン/ラースロー・ ベルキとジプシー楽団
1992年 ハンガリー
『超絶テクニックに姿勢を正す』

 流浪の芸能民ロマが奏でる怒濤の超絶テクニック、という見出しに惹かれて購入したアルバム。ジプシーは現在、差別的な意味を持つとしてロマと言う言葉が代わりに使われているらしいです。流浪の芸能民、とありますが実際に移動しながら音楽で暮らしている人は現在、ほとんどいないとのこと。尚、ジプシーという言葉は「エジプトの人」という意味が語源で、ヨーロッパ人から出身不明のためにこう呼ばれたということがライナーに書いてありました。勉強になります。

 内容はタイトル通りのもの。90年代、最高の名手と呼ばれたヴァイオリン奏者ラースロー・ベルキが率いるジプシー楽団の演奏を収めています。

 移民として各地の音楽文化、楽器を取り入れながら形作られていったジプシー音楽。ハンガリーでは、貴族がヴァイオリンを卑しい楽器としてジプシーに演奏させていたとのことで、それがハンガリーの民族音楽として広がっていったきっかけとなりました。(全部ライナーの受け売りでございます。)
VICG-45003.jpg

 彼らが得意とする民謡や舞曲が全12曲収録されています。楽団はベルキを含めて、ヴァイオリン2本、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、クラリネット、ツィンバロンの7人編成。ツィンバロン(Cimbalom)という楽器は知らなかったのですが、ピアノの起源として知られるハンガリーの打弦楽器とのこと。→youtube音源
なんと100弦もあるそうで、サーカス・ポルカという曲で活躍しています。

 民謡や舞曲ということで喜びと哀しみ、二つの感情がはっきり伝わる曲が並んでいます。そもそもベースとして難しい曲ではないはずですが早さ正確さ情緒、全ての面で一級の演奏が繰り広げられているのがポイント。たゆまぬ努力から生まれる芸術に身が引き締まる思いです。

Ifj. Berki László and his Gipsy Band (live from Japan 2003) - Pacsirta (The Lark)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ハンガリー民族音楽