ENGLAND/ The Imperial Hotel

ENGLAND/ The Imperial Hotel
2006年 イギリス
『ジェネシス愛がストレートな良曲』

 ジェネシス・フォロワーのグループの中でも、別格の人気を誇るグループ、イングランド。泣きのギター、メロトロンの洪水、テクニカルで緻密な曲構成、全て素晴らしい。そんなイングランドが2006年に突如、来日公演を敢行。その際に会場限定として販売されたのが、今回ご紹介するEP『The Imperial Hotel』。これが1975年に録音された未発表曲という。決して新曲などではない、この潔い態度。ファンとしてはうれしい限り。尚、僕は来日公演があったことは知っていたのですが、なんとなく心配な要素をビシバシと感じたため、スルーしました。その為、このCDは中古で購入しております。(プレミアついてお高いのですが、それなりに流通している模様)
acmynbedts1273.jpg
ファンの購買意欲を高めるジャケ。

 内容は24分のタイトル曲1曲を収録しています。1977年にリリースされたファースト・アルバムよりも前の1975年録音。ピーター・ガブリエル度の高い裏声の交えたオペラチックなヴォーカル・パフォーマンス、ブォーンと唸るメロトロン、ぐるぐる回るコーラスなどイメージ通りの大作が楽しめます。演奏面のテクニックも抜群。アルバムに収録されている楽曲群に比べると、ジェネシス愛がストレート過ぎてコピーかな、みたいに感じるところはあるが、それはそれで良し。

ENGLAND - The Imperial Hotel
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスプログレ