FC2ブログ

WIZZ JONES/WIZZ JONES

WIZZ JONES/WIZZ JONES
1969年 イギリス
『目立たなかった彼を再評価』

 英フォークの重鎮の一人でありながら、日本ではあまり注目されていないウィズ・ジョーンズ。ウチのCD棚にも代表作の「Right Now」くらいはあるだろう、とWのコーナーを捜索してみましたが・・・無い。CDが日本盤でリリースされたことは恐らく無いはずで、その辺りが認知度に影響しているものと思われます。

 今回はBIGPINKによるファーストの再発盤を購入しました。帯にはバート・ヤンシュやデイヴィ・グレアムと並ぶ名ギタリストと表記されており、改めて偉大さを認識する次第。1959年にフォーク・シンガーとしての活動を開始しながら、紆余曲折を経て1968年にファースト・ソロとなる本作を発表しています。
220px-Wizz_Jones.jpg
魚眼レンズジャケが、この時代のイギリスらしさを感じさせます。

 古き良きブリティッシュ・フォークを現代(この場合1969年)に蘇らせよう、という意気込みが当時のフォーク・シンガーにはあり、その思いの源泉にはボブ・ディランがいました。ウィズ・ジョーンズもルーツを大切にしつつ、当時のロック・シーンの流行であったサイケデリック・サウンドに反応しており、カラフルなポップ・サウンドでブリティッシュ・フォークをアレンジしております。先述したバート・ヤンシュやデイヴィ・グレアムは伝統を重んじた濃厚なブリティッシュ・フォークを指向していましたので、彼らとは対極に位置する音楽性と言えます。同時代のドノヴァンに近い部分もあり。またバロック調のオーケストラ・アレンジも特徴で、イギリスらしい上品で温かみのあるムードを演出しています。

 アレンジが賑やかな分、楽曲本来の個性が埋没しているところはマイナス点。ただ代表作「Right Now」で結実するサイケ・フォーク路線は既に試みられており、名ギタリストと称えられる流麗な指捌きと清涼感のある楽曲群は十分魅力的でした。

Dazzling Stranger

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォーク