FC2ブログ

Siv Jakobsen/The Nordic Mellow

Siv Jakobsen/The Nordic Mellow
2017年 ノルウェー
『姿勢を正してしまうような、たおやかさが素敵』

 ここで言及するのは何度目かわかりませんが、ケイト・ブッシュやジョニ・ミッチェルを彷彿とさせる弾き語りの女性SSWに目がありません。そこで最近見つけてきたのがシフ・ヤコブセン。ネット検索をしてみたところ、曰く「新世代ヴァシュティ・バニヤン」「サンディ・デニーの再来」と絶賛の嵐でありました。相変わらず、メディアの皆さんはヴァシュティ・バニヤンやサンディ・デニーの名前を易々と使う悪癖が治癒していないようで残念。まー、僕も使う形容詞がワンパターンだから全然だめだけれども。

 ノルウェーの都市、オスロを拠点に活動するシンガーソングライター。ローラ・マニングを手掛けているプロデューサー、マット・イングラムのバックアップを経て制作されたのが、このデビュー・アルバムとなります。
jacket_20630414.jpg

 歌声は美しい。こちらが姿勢を正してしまうような、たおやかさがあります。キリッとした芯の強さを感じさせる。メロディーは甘くなり過ぎず、言葉が詠唱の様に流れる滑らかさを優先させています。ジョニ・ミッチェルからの影響は大でしょう。敢えて英国の女性SSWからイメージとして挙げるとすれば、ブリジット・セント・ジョンが近い印象です。

 マット・イングラムによるヴァイオリンを中心としたストリングス・アレンジは、彼女の歌とギターを神秘的に演出。パーカッションの入れ方も仰々しく、雰囲気作りはバッチリです。一部過剰かな、と感じるところもありますが、概ねシフ・ヤコブセンの個性を大切にした出過ぎない演出が素晴らしい。
siv-promo-02.jpg

 霧のかかった森の中にいるような寒々とした雰囲気は北欧フォークらしく、突出した名曲こそないものの、大いに楽しめました。

Shallow Digger
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ノルウェーフォーク