Vintage #18/Grit

Vintage #18/Grit
2017年 アメリカ
『パブでの演奏を聴いているかのような親しみやすいヴィンテージ・ソウル』

 ジャンルがソウルであり、グループ名にヴィンテージが付くとなれば、そういうこと。ヴィンテージ・ソウル・グループが再び誕生しております。

 恰幅の良いおばさまはティナ・ターナー風白いワンピース(セクシーかどうかと言われればセクシーと答えざるを得ない。)でバッチリ決めています。なるほど、ココ・テイラーやティナ・ターナー、エタ・ジェイムス、三大キングなどに影響を受けているとのこと。中にエイミー・ワインハウスの名前もあり、黒人音楽が継承されている様が想像出来てうれしいです。
ヴィンテージ#18は、2013年に結成された4人組ソウル・グループ。ノーザン・ヴァージニアを拠点に活動しています。今回のアルバムがデビュー作。
vintage18cd.jpg

 一般的なヴィンテージ・ソウルではグルーヴを大切にしている傾向がありますが、彼女達の場合、ブルースへの比重も大きいのが特徴。またギタリスト、ビル・フォルターはジミ・ヘンドリクス・フォロワーであり、絡みつくような情熱的なギターソロでサイケデリック感を醸し出しています。ロビン・カプサリス嬢によるヴォーカルは声域こそ狭いものの、重厚でふくよかな味わいがあり。他のヴィンテージ・ソウルにある熱狂こそ控えめなものの、パブでの演奏を聴いているかのような気安さが魅力と言えます。
Vintage18_COL01.jpg

Vintage#18 - "Poor Me" (Official Music Video)

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル