スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Amber Gomaa/Moonchild

Amber Gomaa/Moonchild
2017年 オランダ
『アフリカ、ディスコ、プリンス、マイケルが詰まっています。』

 スペーシーでシアトリカル。シンセとギターが生み出す宇宙を縦横無尽にヴォーカリーズが飛び交う。更に中近東、中華など入り乱れる民族音楽色による雑多なイメージがエネルギッシュに音楽を彩っています。

 オランダ、アムステルダムを拠点に活動する女性SSW、アンバー・ゴマー。オランダ人とエジプト人のハーフです。2015年よりネットを通じて音楽活動を開始しており、本作は恐らくセカンド・アルバムとなります。彼女のフェイスブックによると、影響を受けた音楽として80年代音楽を挙げており、特にプリンスへのリスペクトが大きかったとのこと。またポール・サイモンの1986年作『グレイスランド』からインスピレーションを得たとも記述されています。『グレイスランド』はポール・サイモンの代表作にして問題作。南アフリカのミュージシャン達との共演により、アフリカン・ミュージックを大胆に導入した素晴らしい音楽です。
0043db26.jpg

 そして出来上がったアルバムがこちら。プリンス、マドンナ、アフリカ音楽、ドナ・サマーなどの要素が混ざり合い、濃厚な音楽が完成しました。デジタル・ビートとシンセを中心としたアンサンブルはすっきりしており、吐息がセクシーな透き通ったヴォーカルと相性抜群。メンバーにコーラス二人を加えており、前述した通り広い空間を感じさせるヴォーカリーズを実現させています。遊園地のような煌びやかな音楽なのですが、リズムがどっしりとしており整合性は取れています。

Who's Loving You
続きを読む(動画があるよ) »
スポンサーサイト
関連するタグ オランダポップス

森田童子/ラスト・ワルツ

森田童子/ラスト・ワルツ
1980年 日本
『洗練されつつも彼女自身のやりたいことを突き詰めたアルバム』

 4枚目のアルバム。千代正行編曲。不勉強で知りませんでしたが、石川さゆりや中森明菜、竹内まりやなど女性歌手を中心としたセッション・ギタリストとして活躍している凄い方です。アコースティック・ギターを得意としていますが、編曲はストリングスがフューチャーされたドラマティックなものとなっています。前作のライブ盤からの流れとして「讃美歌」のような楽曲もいくつか収録されているのもポイント。
UPCY7158.jpg

 震えて不安定なヴォーカルが魅力だった森田童子ですが、このアルバムから少しずつ歌声が安定していきます。寂しさは相変わらず纏っています。また前述した「讃美歌」のような楽曲、例えば「グリーン大佐答えて下さい」では、学校の唱歌のようなソプラノ・ボイスを披露。Ipodなどを使って、シャッフルでこの曲が流れてきたら最初は森田童子の曲と分からないかも、というくらい、これまでと異なる歌い方をしています。

 『ラスト・ワルツ』というタイトルからは、彼女の生きた世界への区切りとして制作されたことが伺えます。これまでの集大成を感じさせる楽曲が多く、それぞれの楽曲にある物語をストリングスが盛り立てています。洗練されつつも彼女自身のやりたいことを突き詰めたアルバムだと思います。

みんな夢でありました
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォーク

Eric Bibb/Migration Blues

Eric Bibb/Migration Blues
2017年 スウェーデン
『暗闇に寄り添うアコースティック・ブルース』

 1951年生まれの現在65歳となったエリック・ビブ。彼の新作が素晴らしい出来だったのでご紹介。

 エリック・ビブはニューヨークで生まれ育ち、後にスウェーデンへ移住。70年代からブルースマンとして活動を開始します。フォーク・シンガーの父を持っていたエリック・ビブは、様々な音楽の影響を受けており、その中でもタジ・マハールのことを最も敬愛しているとのこと。連名を含めると既に30枚以上ものアルバムをリリースしているベテラン・ブルース・シンガーです。90年代後半から活動をますます活発化させており、わたしはこの辺りから聴き始めました。前作2014年作『Blues People』以来、3年振りの新作です。カナダのブルース・シンガーのマイケル・ジェローム・ブラウンやフランスのハーモニカ奏者、JJミルトゥがゲストとして参加しています。
BIBB_MigrationBlues_livret.jpg

 静謐なアコースティック・ブルースをやっています。戦前ブルースには無い後ろ暗さが宿っており、これはカントリーの根源であるアイリッシュのルーツから来るものだと感じました。ギターはもちろんのこと、優しく震える歌唱が素晴らしい。静かな深夜、寝る前に耳を傾けるのがおすすめ。

Eric Bibb interview and acoustic session - Migration Blues
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンブルース

土岐麻子/PINK

土岐麻子/PINK
2017年 日本
『21世紀シティポップにも慣れてきた』

 帯には21世紀シティポップの決定盤の文字があり、今回のアルバムも安心して聴けそうだと分かります。今年、上半期に繰り返して聴いていた3枚のうちの1枚です。日本の女性SSW、土岐麻子の新作。過去作レビューはこちら
712j56LAsdL__SL1500_.jpg

 プロデュースと楽曲提供者としてトオミヨウを起用。自分は勉強不足で今回、初めて知った方です。ピアノを切っ掛けとして作曲を始め、現在はアレンジやツアーサポート、映画音楽、舞台音楽の制作で活躍されているとのこと。全10曲で2曲はG.RINAが作曲しています。作詞は本人が担当。

 ストリングスやギターは入っているものの、今回のアルバムも打ち込み重視のサウンドです。ただ、これまでのアルバムでは「これが全部生音だったらなぁ。」とか頭を掠めていたのですが、今回は全く動じませんでした。ピアニストのプロデューサーということで、キラキラした鍵盤を活かした、爽やかで透き通ったサウンドが印象的。そして何より曲が素晴らしい。各曲それぞれ、性格付けがハッキリしていてバラエティに富んでいます。また、歌詞に関しては、存分にフェミニズムを発揮されているものの、前作で免疫が出来たのか、すんなり聴き通せました。

土岐麻子 / PINK
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス

Snowapple/ Tracks

Snowapple/ Tracks
2017年 オランダ
『涼が取れる女性3人による古楽系フォーク』

 トリオによる重層的なコーラスと透き通った水音のようなキーボードがとても涼やか。

 オランダのアムステルダムを拠点に活動するフォーク・グループ、スノー・アップル。異なる音楽の趣味を持つ女性3人によって2013年に結成されており、本作はセカンド・アルバムとなります。
51748545.jpg

 女性3人による清廉な歌声とコーラスを軸に、バンジョー、ギター、マンドリン、ウクレレ、バイオリン、グロッケンシュピール、アコーディオンなど様々な生楽器を用いてフォークを演奏しています。そこかしこから雅な雰囲気が漂い、古楽からの影響を感じさせる一方で、あくまでもポップで親しみやすい作風が特徴。古楽への憧れを持ちつつも音楽趣味が雑多な女性3人が集まった楽しさを優先していることが伺えます。古楽風のフォークは暗さがどうしても目立ちがちですが、彼女たちの音楽はとても鮮やか。地味ながら、一服の涼が楽しめます。森林浴をしながら聴くと良さそう。
SNOWAPPLE-Tracks-iTunes-1024x1024.jpg

Any Way (Made in Japan)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ オランダフォーク

PJ Morton/Gumbo

PJ Morton/Gumbo
2017年 アメリカ
『ナイス!スティーヴィー・ワンダー・フォロワー』

 スティーヴィー・ワンダーのフォロワーにして、正統派のニューソウル。絹の歌声と華麗なストリングスによる柔和なメロディーが、トロトロにしてくれます。

 PJモートンという方は新人SSW、だとばかり思っていましたが無知でした。マルーン5の鍵盤奏者だったのですね。2013年、ニューオリンズの地にマルーン5のツアーで初めて訪れたPJモートンは、音楽の坩堝である熱気に圧倒されソロ活動を決意。フェイスブックの影響を受けたミュージシャンの欄にはシンプルに「スティーヴィー・ワンダー」としか書いておらず、色濃く影響されたことが伺えます。2013年にはそのスティーヴィー・ワンダーとの共演を果たした「Only One」を発表しグラミー賞のベスト・オブ・R&Bソングを獲得。以降、楽曲制作を続けた成果がこのデビュー作になりました。
gumbo_pj_morton.jpg
ジャケも正しく70年代ニューソウルを彷彿とさせます。

 スティーヴィー・ワンダー(三部作時代)が乗り移っているかのような、そのまま過ぎる音楽性が潔い。実際の所、ラップを披露していたり、アフロっぽいリズムを取り入れたり、一部でのボイス・エフェクトなど、異なる部分もあるのですが、それでもアルバムを聴きとおしてみると「スティーヴィー・ワンダー」という単語だけで十分だと感じます。これは褒め言葉です。「この曲のオリジナルってスティーヴィー・ワンダーだよね、なんて曲だっけ?」という人が現れても驚かない完成度。ラストに入っているのがビージーズのカバー「How Deep Is Your Love」(愛はきらめきの中に)も「らしい」仕上がりになっています。

CLAUSTROPHOBIC feat. Pell
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル

Lauren Ivy & The Engine/ Soul Kit EP

Lauren Ivy & The Engine/ Soul Kit EP
2017年 イギリス
『ブリティッシュ・ブルース・ロックの新星』

 「朝日のあたる家」をオルガン・ギンギンで、たそがれカバー。ヴォーカルは女性で感情たっぷり。当ブログではフルアルバム重視で普段あまりチェックしないEPだけれども、これは聴くしかないでしょう。
1490978386_folder.jpg

 チャンネル諸島にあるジャージー島で結成された4人組、ローレン・アイヴィー&ジ・エンジン。2015年から活動を開始、当初からこれまで、クラブなどでブルースやソウルのカバー曲を演奏して過ごしているとのこと。左腕にド派手なタトゥー(ブリティッシュな柄です)を施した華やかなローレンと、もさいおじさんという対比を成すルックスが受けて地元では人気を博しているそうです。今回は彼女達の曲が映画『アナモルフォシス(Anamorphosis)』で使用されることになり、それに合わせてEPを制作。上記の「朝日のあたる家」はカバーですが、他4曲は(「Frankie And Johnnie」なんて曲もありますが)オリジナルです。
14878343473534.jpg

 ローレンのタトゥーを含むルックスはもちろん素晴らしいのですが、嗄れ声での情熱的な歌唱も劣らずに素晴らしい。加えてモッズを彷彿とさせるブイブイに揺れるオルガン、クリーンなソロを披露するブルース・ギター、腹にドスドス来るリズム隊とバックの演奏も文句なし。オリジナル曲は総じて60年代ルーツを感じさせるもので、シャッフル、退廃的なミドル・ナンバー、ピアノ・バラードと多彩です。挨拶代わりの一枚ということでしょう。彼らはエレクトリック・ブルースをやっているとFACEBOOKで表明していますが、この曲数ではまだそこまで明確に見えて来ません。確かに英ブルース特有の熱と粘り気は感じられますが。。。真の個性が明らかとなるフル・アルバムを待ちたいと思います。

Soul Kit - Lauren Ivy and the Engine
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

Balto/Strangers

Balto/Strangers
2017年 アメリカ
『よそものとして自身のルーツを探求する』

 引退してしまいましたが、把瑠都というお相撲さんがいました。あの方の名前は自身の故郷である旧エストニアが面していたバルト海から取られたものだそうです。そして本日、ご紹介するバルトというグループ。そのリーダーであるダニエル・シャロンはシベリア(ロシアの南東部)にある、バイカル湖のほとりで生まれ育ったとのことで、やはりバルト海からグループ名を取っています。(バイカルでも良かったのでは、と思わなくもない)

 幼少期をシベリアで過ごしたダニエルは、オレゴン州ポートランドへ移住。そこで2010年に結成された4人組のグループがバルトです。アメリカーナのルーツを探求しているダニエルが音楽性をリードする形でファースト・アルバムを完成させました。オレゴン州にある農業島(田んぼとかしかないのかな)のスタジオを発見した彼らはそこに数多くの楽器を持ち込み、9日間籠って作り上げたとのこと。アルバムでの音楽を「Mercurial(気まぐれな)」アメリカン・ロックンロールと命名しています。
a1577404309_10.jpg
うーん、このジャケだと中古新入荷でエサ箱漁っててもスルーしちゃいそう。

 メンバークレジットにはありませんが、鍵盤が大活躍しています。ギター、鍵盤ともに残響のある高音が印象的な、抜けのいいアメリカン・ロックをやっており、この辺りは看板通りのサウンド。ただダニエルの出自が影響しているのか、メロディーには哀愁が漂っており、とにかく湿っぽい。アメリカ特有のカラッとしてサウンドとは一線を画しています。隙間が多く、土着的な雰囲気を醸し出しているのも特徴です。これがシベリアの風土なのかは分かりかねますが、異邦を感じるのは確か。感傷的にコブシを回すヴォーカルが素晴らしい。
0008125285_10.jpg

 ダニエルはシベリアで孤独な幼少期を送っていたそうです。その後、アメリカに渡ってからはアメリカーナを探求するほどアメリカの音楽を愛しつつも、いざ表現するときには自身のルーツであったシベリアの音が混ざってしまうことに気が付いたのでしょう。そして吹っ切れたタイトル『Strangers』。だからこその個性が発揮されています。次回作が楽しみ。

Balto - Shots In The Dark
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロック

Spitzer/Loose Cannons

Spitzer/Loose Cannons
2017年 フランス
『バグルスとクラフトワークを合体させたような』

 バグルスとクラフトワークを合体させたような、親しみやすくレトロな電子音楽デュオをご紹介。

 フェイスブックは見つけたものの、フランス出身であることと兄弟であることくらいしか素性が明かされておりません。結成時期、拠点都市、ディスコグラフィーなど全て不明。リリースの痕跡が無いので恐らくデビュー作と思われます。
61ChUU5015L__SR600,315_PIWhiteStrip,BottomLeft,0,35_SCLZZZZZZZ_
公式ページでは、蛾が口から出てくる動画がジャケットとして紹介されています。
アルバム・ジャケットの絵を動かしてネット上で公開する時代が来ました。
動くべきかどうかはともかくとして、この絵ではあまりそそられませんでした。

 ヴォーカル曲とインストが混在しています。冒頭、クラフトワークを引き合いに出していますが、ロボットボイスではありません。語りかけるような落ち着いた歌声。AC/DCのアンガス・ヤングのようなギターリフをシンセサイザーで演じており、他にもトロッグスの「Wild Thing」調の曲があったりと、荒々しい70年代ロックのモチーフをスマートな電子音楽へ変換しているのが特徴です。感情を抑えたヴォーカルとシンセ、電子音だけでありながら、キャッチーなメロディーが散りばめられているので親しみやすさは抜群。

Spitzer live in the living room.  Monkey (Talkie)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ フランスエレクトロ

Stone Foundation/ Street Rituals

Stone Foundation/ Street Rituals
2017年 イギリス
『洗練されたブリティッシュ・ソウル』

  ストーン・ファンデーションという名前と、ストリート・リチュアルというタイトル。色々混じっています。更にポール・ウェラーがプロデュースを担当(2曲で作曲を担当している他、全曲のセッションに参加)しているイギリスのソウル・グループということで、聴いてみたくなりました。私は今回初めて聴きましたが、日本では既に認知されており、何度か来日も果たしているようです。
SFG.jpg

 ウォーリックシャー出身の8人編成グループ。ヴォーカル&ギターを務めるニール・ジョーンズを中心に結成されたのち(結成年度は調べきれませんでした)、2011年にデビュー作を発表。これまで3枚のアルバムを発表しており、本作は4枚目です。ニール・ジョーンズは80年代モッズ・リバイバルを通じて、ノーザン・ソウルに傾倒したルーツを持っており、そのままストーン・ファンデーションの音楽性と繋がっています。尚、本作にはゲストとして、ウィリアム・ベルやベティ・ラヴェットが参加していることもポイント。
SF4large.jpg

 前作までのアルバムを未聴の為、比較は出来ませんが、ポール・ウェラー・プロデュースらしい、洗練されたブリティッシュ・ソウルを楽しむことが出来ます。うるさ過ぎずに主張するストリングス、爽やかな鍵盤、所々のんびりしたパーカッション、差し込まれるフルートなどからイギリスらしさがプンプン漂ってきます。キャッチーさは控えめながら、十分にポップで聴きやすい。声量控えめながらスマートなヴォーカルもナイス。熱は抑えられており、柔和なソウル・ミュージックとして魅力抜群です。

Back In The Game ft. Paul Weller
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスソウル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。