Thundercat/Drunk

Thundercat/Drunk
2017年 アメリカ
『80年代のプログレのような、目まぐるしくも楽しい音楽』

 半魚人現る、という感じの強烈なジャケを切っ掛けとして聴いてみました。フュージョン、ソウル、テクノ、サイケ・ポップなどを混ぜ合わせた、幻想的なポップ・ソングが次々表情を変えて現れるカラフルなアルバム。既に様々なHPにレビューが掲載されていますが、その注目度も納得。楽しいアルバムです。
4e59f2ec.jpg

 サンダーキャットは、ロサンゼルス出身のベーシスト。16歳の頃、スイサイダル・テンデンシーズのメンバーとして抜擢されることでプロデビュー。(彼の音楽性からすると意外な経歴です)セッション・プレイヤーとしてエリカ・バドゥなどの作品へと参加した後、2011年よりソロ・ミュージシャンとして音楽活動を開始しています。本作は3枚目のアルバム。
thundercat-pressphoto-650.jpg

 プロデューサーとしても活動しており、ミュージシャン仲間からも評価が高いサンダーキャットだけに人脈が広く、ゲストが豪華。ケニー・ロギンス、マイケル・マクドナルド、ケンドリック・ラマー、フライング・ロータス、ファレル・ウィリアムズ等々。

 土台となっている音楽はフュージョンですが、ソウルの持つ温かみとテクノ・ビートによる無機質さが混ぜ合わさった結果、極上のサイケデリック・ミュージックに仕上がっています。影響されているのかは不明ですが、ソウル、テクノの要素を取り入れたイエスやバグルスのような、80年代のプログレのような、目まぐるしくも楽しい音楽だと感じました。1分台を多く含んだ20曲という曲数をスムーズに聴かせる構成力もプログレッシヴ。先述したゲストを引き立たせる楽曲、アレンジが用意されており、それがカラフルさに拍車を掛けています。

Thundercat - 'Show You The Way (feat. Michael McDonald & Kenny Loggins)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカジャズソウル