スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Amy Blaschke/ Breaking the Blues

Amy Blaschke/ Breaking the Blues
2016年 アメリカ
『寂しげな雰囲気が魅力のSSW』

 エイミー・ブラスクはワシントン出身。以降シアトル、ロサンゼルスと移り住んでいます。14歳からギターを始めており、16歳で地元のライブハウスで歌い始めています。プロフィール欄には、主な音楽遍歴としてリズ・フェアー、エリオット・スミス、メアリー・ルー・ロードに影響を受けて、その向こうにいるジョニ・ミッチェルの『BLUE』にたどり着いた、との旨が記されています。1999年『Red Letter』でデビュー。以来、コンスタントにアルバムを発表しており、本作で6枚目となります。
1481996761_a0101271033_10.jpg

 歌声のメランコリックさに合わせるように、アコギ、ピアノ、ドラム、どれもが穏やかで寂しげな演奏をしています。カントリーをルーツとしたバーズのような素朴な曲が並んでいますが、とにかくどんよりとした暗さがあり。エリオット・スミスやジョニ・ミッチェル『BLUE』を引き合いに出すのにも納得がいきます。
maxresdefault11.jpg

「Running My Heart To You」
続きを読む(動画があるよ) »
スポンサーサイト
関連するタグ アメリカSSW
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。