ANATAKIKOU/ 3.2.1.O

ANATAKIKOU/ 3.2.1.O
2017年 日本
『相変わらずの不思議カラフル』

 XTC系ひねくれポップに盆踊りや民謡から由来する日本古来のビート、メロディーを組み合わせた独創的なポップ・グループだったANATAKIKOU。メンバー脱退を経て、現在は作曲担当、松浦正樹によるプロジェクトとなっています。本作は5年振り、6枚目のアルバムです。
61BaJS9wF0L__SX355_.jpg

 ミックスには原巧一を起用。ゲストにYeYe(バック・ボーカル)と、元メンバーである藤井寿光(ドラム)が参加しています。主なセッション・メンバーはベースに杉村美奈(ママスタジヲは終わってしまったのか)、山口実紗(元サルバ通り)、藤井学(THE MICETEETH)という布陣。     
セッション・メンバーがある程度固定されており、ANATAKIKOUらしいカチャカチャとした小気味よい演奏を楽しむことが出来ます。また、冒頭で紹介した松浦氏ならではの節回しは健在。やはり彼の書く楽曲は独自の個性があります。また、スパニッシュ・ギターを導入した「救世主とカンツォーネ」など新しい試みを違和感なく取り入れているところもポイント。コーラスの甘い重ね方もいいです。

 ただし前作『きいちご』では感じなかった、作曲一人体制によるバラエティーの乏しさは気になる所。節回しの独創性を研ぎ澄ました故のことなのか、アルバムを通して聴くとちょっと疲れてしまいます。二人目の作曲家と組むか、楽曲提供を受けるか、もしくはカバー曲を入れて変化をつけると良かったかもしれません。

ANATAKIKOU 6th album『3.2.1.O』(さん にー いち まる)トレイラー〜アナタキコウマレーグマの夢想と冒険〜
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス