マギー・メイ/12時の向こうに

マギー・メイ/12時の向こうに
日本(1969年~1975年)
『ファースト・アルバムの編曲は柳田ヒロ』

 「はじめてのチュウ」の作者、実川俊晴のアーカイヴ・コレクション第一弾。「はじめてのチュウ」の作者、というシンプルにして好奇心を煽る事実を前に買わずにはいられませんでした。彼が70年代に在籍していたグループ、マギー・メイの音源を中心に組まれた音源集です。
CRCD5129-30.jpg

 この時代のGSやフォークも色々聴いていたので、期待半分という感じだったのですが、いい曲がたくさん入っていました。マギー・メイはブッダ・レーベル系ソフト・ロックとCSNを混ぜたような、あの時代に多く出ていた5人組のハーモニー系フォーク・グループ。CSNというよりもYESのファーストみたいな曲もあり、引き出しは多彩。キーボードにミッキー吉野、バック・ヴォーカルに亀淵由香などが参加しています。またファースト・アルバムの編曲は柳田ヒロが担当しており、幻想的なストリングス・アレンジを楽しむことが出来ます。セカンド・アルバムはセルフ・プロデュースで、こちらはいくぶんロック度が高くなっています。バッド・フィンガーっぽいところもあり。

一部、初期音源などに音質に難がある曲もあるのですが、これは貴重な発掘音源。とてもいいグループを知ることが出来て大感謝であります。

 アーカイヴ・コレクション第二弾ももうすぐリリースされるとのことで、これは要チェックです。

動画は無かったです。
関連するタグ 日本フォークポップス