Summer of Love/Wednesday Lounge

Summer of Love/Wednesday Lounge
2016年 日本
『イメージ通りでありがとう』

 いきなり宣伝文を引用させていただきます。
”レトロモダンなサウンドで都内を中心に活動するポップスバンド“Summer of Love”が、待望の1stミニアルバム「Wednesday Lounge」をリリース!! Tpに村上基 (在日ファンク)参加!! マスタリングは山下達郎も絶大な信頼を寄せる日本屈指のエンジニア、原田光晴が手がけた超強力盤!!”

 うん、凄そうですね。予約して購入したのに関わらず紹介がこんなに遅れてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 4人組グループ、サマー・オブ・ラブ。(ヒッピー文化のことじゃないよ、と注釈を付けるのは義務かもしれません)。2011年に結成されており現在東京を拠点に活動しています。編成は専任の女性ヴォーカル、ギター&ベース、ドラム&トランペット、キーボード&プログラミングとなっています。ギターとベースが兼任となっているのはちょっと気になるところですが(ライブではゲストを入れざるを得ない為)、正式なメンバーが決まるまでの暫定的な措置なのでしょう。メンバーの他にトランペット、サックス、トロンボーン、フルート、パーカッションがゲスト・プレイヤーとしてそれぞれの曲に参加しています。
t02200217_0800078913670375859.jpg

 バンド名、タイトル、ジャケット、宣伝文である程度イメージを抱いていましたが、ほぼイメージ通りのAOR、シティポップの流れを汲んだ爽快な音楽が楽しめます。これが聴きたかったのだから文句なし、なのであります。エンジニアは前述通り原田光晴で、プロデュースは彼ら自身が担当。

 吉田美和を想起させる溌剌とした女性ヴォーカルは強力。透き通った高音が美しいです。上品でトロピカルな雰囲気を醸し出すキーボード、カッチリとしたリズム隊も素晴らしい。ギターは少し大人しいかなという印象ですが、問題ありません。最初のミニ・アルバムでいきなりセルフ・プロデュースをやったとは思えない、プロ仕様な作品になっています。それぞれ、ルーツへの愛情を感じる素晴らしい楽曲群で満足。ライブも行ってみたいです。

突然のラブコール
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス

マーガレット・ズロース/まったく最高の日だった

マーガレット・ズロース/まったく最高の日だった
2016年 日本
『新加入のギタリストがバンド・サウンドを引き締める』

 もう新作は聴けないかもなぁ、と諦めかけていた今日この頃、6年振りの新作が登場です。2001年にアルバム・デビューしたロック・バンド、マーガレット・ズロースの8枚目のスタジオ作。
マーガレットズロース-まったく最高の日だった

 これまでマーガレット・ズロースの音楽は変化してきました。初期はフォーク要素を含んだ暗い雰囲気を持っていたのですが、やがてレゲエのリズムを導入。どっぷりと漬かるうちにシンプルなロックンロール・サウンドへと移行しました。ここ数枚の素直なロックンロール振りも悪くは無かったのですが、やっぱりライブ盤「ネオンホール」までの寂しい感じが好きだったようで、あまりリピートしていなかった気がします。そして今回の新作では新しいメンバーが加入。ギタリストの熱海裕司はアルバム・ジャケットでキンクスのTシャツを着ています。(ライブでも着ていました。)これは何かが起きそうな予感。

 音楽性は確かに変わっています。新メンバーのギタリスト、熱海氏の趣味が反映されたのか、ジャムやビートルズなど英ロックのエッセンスをそこかしこから感じることが出来るのが新鮮です。シンプルなロックンロール路線はそのままに、よりコンパクトに、ソリッドになった印象。チャック・ベリーをリスペクトした「五・七・五」もあり。歌詞は広い心を持った包容力のあるメッセージや、日常への感謝をテーマとしており、とても爽やか。ヴォーカルはいい塩梅に渋味を増しています。また、ロック曲ばかりでなく、レゲエを取り入れた曲も健在であり(このアルバムではクラッシュっぽく聴こえるから不思議)、更に初期を彷彿とさせるフォーキーな曲もあります。(うれしい)。長いキャリアを誇るからこその引き出しの多さが素晴らしいです。
 
 代表曲「斜陽」の再録は入魂の素晴らしいヴァージョン。ただ、このヒリヒリとした緊張感を持った曲がほんわかとしたアルバムの中で浮き上がっているのは否めません。そこが狙いだったのかもしれませんが。

 年齢を重ねたロック・バンドの楽しさが伝わってくるいいアルバムでした。

マーガレットズロースLIVE 『まったく最高の日だった』
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ロック

Dinosaur/Together, As One

Dinosaur/Together, As One
2016年 イギリス
『ウマグマのような解放感を感じることもあり』

 禍々しくスペーシー、それでいながらとても清々しく透明感のあるサウンド。サイケデリック感満点のジャズ作品をご紹介。

 キーボードを含む4人編成のグループ、ダイナソー。エディション・レコードというジャズ・レーベルに所属するメンバー達が集合して出来たグループで、今回のアルバムがデビュー作となります。ロンドンを拠点に活動しているとのこと。
dinosaurtao.jpg

 電化マイルスの影響を強く受けたサウンドが印象的で、そこにスペーシーなキーボードが絡むことで、往年のプログレッシヴ・ロックのような味わいが生まれているのが彼らの個性でしょう。電化マイルスに影響を受けたジャズ・ロック系の英グループと言えば、ニュークリアスが挙げられますが、そこまでのストイックさと緊張感はありません。あくまでも悠々としていて牧歌的。メルヘンチックなメロディーにはイギリスらしさを十分感じ取れました。ジャケットの野原で演奏している風景に引っ張られている部分もありますが、ピンク・フロイドのウマグマのような解放感を感じることもあり。
0007900837_10.jpg

Awakening
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスジャズ

ゲントウキ/誕生日

ゲントウキ/誕生日
2016年 日本
『10年振りの新作』

 ゲントウキのワンマン・ライブの特典として、「来年出るアルバムに収録される新曲CDR」をプレゼントされたのが2014年の師走。その新曲「愛の砂漠」はダイナミックな緩急で疾走するナイスなナンバーでした。そして明けた2015年。ワクワクしながら待てども、一向に良い知らせは届かず。いつしか待っていることも忘れていました。しかしゲントウキは頑張っていたのだ。2016年の8月頃に届いたダイレクトメールはゲントウキによるライブのお知らせ。そこには新作リリースという告知が!そういえばゲントウキのことを待っていたのだった、と思い出した私は、すぐさまチケットとCDを予約したのでありました。
jacket.jpg

 本作は日本のポップ・グループだった、今はSSW田中潤のプロジェクトのゲントウキによる10年振りの新作。ここまでインターバルを空けることが出来るのはレジェンド級のミュージシャンくらいでしょう。例えばピンク・フロイドやデヴィッド・ボウイのような。届いたCDに対して(10年前には我が町にも自分が働いていたCDショップがあったのだが、今はネット通販一択なのだ)当然、楽しませてくれるのだろうな!と期待した私。ジャケは再び中村佑介のものを使用しており、ワクワク感を煽ります。しかしながら、裏面。8曲。10年振りで新曲が8曲!?足りないです。あと4曲は付けてほしい。更にボートラの代表曲「素敵な、あの人。」のアコースティック・ヴァージョンもちょっと後ろ向きな印象がしてあんまりうれしくなかったです。シングルに入れるならイイと思うのです。やはり新曲だけで勝負してほしい。さて、ここまでが、アルバムを聴く前の感想。

 初めて聴いた時は全体的に薄く感じてしまいました。「うわー、こりゃあ早まってライブ予約して失敗したかな。」とすら思ったほど。ただ、その後の素晴らしいライブ(ベーグルで奥歯をヤラレタのもいい思い出だ)を経て、聴き込む程に評価急上昇。これは素晴らしいアルバムだ。

 一人プロジェクトへと移行していった時期のゲントウキはサンバやボサノヴァなどブラジル音楽の要素が濃厚になっていった印象があり、本作もそれを受け継いだ内容になっている。加えて、ジャズっぽい演奏が入るのもポイント。そして、ゲントウキの核たるセンチメンタルなメロディーとドラマティックな転調も健在。歌詞は往年に比べると随分、ストレートになったと感じました。様々な楽曲提供の経験によって、表現方法が変わったのでしょう。常人では恥ずかしくて文字に出来ないような、まっすぐなメッセージには完全降伏。楽曲は総じて素晴らしく、特にニュー・ソウル風のポップ・ナンバー「5万年サバイバー」が気に入っています。

 二つ気になった点があり。まず、ソロ・プロジェクトになったことで録音方法がセッションよりも多重録音に比重を移していること。一人プロジェクトであっても固定のバンドを組んで録音した方が一体感が出たと思います。聴いてすぐ分かるテンションの差があるので、もったいないと感じました。もう一つは繰り返しになるが、曲数の物足りなさ。やはり10年振りで8曲は少ない。ボートラの「素敵な、あの人。」リメイクに関しては、好意的に見れば新しいファンへのサービスでもあるかな、と思いました。

 良いポップ・ミュージックを作れる日本人ミュージシャンは貴重で、この10年の空白はもったいないなぁ、と改めて感じました。これからの10年、ゲントウキとして作品をどんどんと出していただければうれしいです。次のアルバムを来年、いや来月出してくれても全くオーケイなのであります。

ゲントウキ NEW ALBUM「誕生日」全曲トレーラー/GENTOUKI 「Birth Day」Trailer
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSWポップス

Funkystep & The Sey Sisters/ A Matter of Funk

Funkystep & The Sey Sisters/ A Matter of Funk
2016年 スペイン
『ヴィンテージ・ソウルに求めるど真ん中』

 ヴィンテージ・ソウル。往年のソウルの伝統を現代に蘇らせ、強靭なグルーヴで楽しませてくれる新しいグループたちのことで、当ブログでも、ヴィンテージ・トラブルやコン・ブリオ、ジ・エキサイトメンツなど多くを扱ってきました。ヴィンテージ・ソウルのシーンが盛り上がる中、更なる新人グループがどしどしとデビューしており、チェックもし切れていない状況です。そんな中、王道ど真ん中ながら濃厚な黒さ、グルーヴを持った新人が登場したので、ご紹介します。

 ファンキーステップ&ザ・セイ・シスターズ。名前が素晴らしい。2006年にスペイン、バルセロナのオソナ地区で結成されています。地元のコンクール、フェスティバルなどで活動していた彼ら。2015年「アンデルプス・デル・プロジェクト」というコンテストに応募したことを切っ掛けに、2016年のアルバム・デビューとなりました。
j5mcyYK.jpg

彼らは9人のメンバーから構成されています。三人組のヴォーカル・グループとバンドが組み合わさっており、場面に応じて、ヴォーカル・グループのみでも活動しているようです。尚、ザ・セイ・シスターズとしては既にシングルを発表しており、デビュー済みです。

以下がメンバー一覧です。
Edna Sey: veu
Kathy Sey: veu
Yolanda Sey: veu
Guillem Plana: Guitarra
Guillem Soler: Teclats(キーボード)
Pol Padrós: Trompeta
Albert Bartolomé: Saxo
Enric Puigdesens: Baix(ベース)
David Viñolas: Bateria (ドラム)
retoc15.jpg
2013年のツアー「DANCE OR DIE」からの一枚。
楽しそうなグループです。

 キーボード、ブラス・セクションを加えたゴージャスなバンド・サウンド、パワフルで溌剌とした発声で盛り立てる女性ヴォーカル三姉妹、共にヴィンテージ・ソウルの王道を貫いている作風です。

 フラメンコのリズムを刻むなど、スペインらしいねっとりとした粘り気をそこかしこで感じ取れるのが彼ららしい魅力。また、適所でアグレッシヴに弾きまくるギターが全体の躍動感を増しているのもポイントです。

10年の歳月を経ただけに、バンドの安定感は抜群。

Funkystep & The Sey Sisters - Perfect Time
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スペインソウル

Tom Jans/The Eyes Of An Only Child

Tom Jans/The Eyes Of An Only Child
1975年 アメリカ
『ロック度が高く華やかになった2nd』

 当ブログでは既にファーストを取り上げているトム・ヤンス。今回はセカンド・アルバムを取り上げます。本作は2016年に「ナイス・プライス・リターンズ」シリーズでの再発がされています。以前から当シリーズのリストに入っていたアルバムですが、今回は1300+税ですからお買い得度も格別。

 ロサンゼルスを拠点として活動していたSSW。1974年にファーストをリリースした後、翌年に発表したセカンド・アルバムが本作です。

 元来、カントリーを土台にした楽曲作りを得意とする彼がバンド・サウンドに興味を示して制作されたアルバムです。特にリトル・フィートに影響を受けていたらしく、ローウェル・ジョージが2曲に参加。作曲とプロデュースを担当。デヴィッド・リンドレー(g)、ジェシ・デイヴィス(g)、ジェフ・ポーカロ(dr)など、ローウェル・ジョージが連れてきた一流のセッション・プレイヤーが録音に参加しています。
 
 ロック度が高まっているのは確かで、「Where Did All My Good Friends Go?」など一部の楽曲では横乗りのグルーヴ感が強調されていて、SSWの作品とは思えないバンド・アンサンブルが楽しめます。ただし主軸はあくまでも内省的なカントリー・フォーク。ローウェル・ジョージが参加した2曲を含め、多くの曲は牧歌的な味わいの優しい歌で占められています。バンド・サウンドが強化された影響で、より瑞々しく叙情性が際立っているのがポイント。新しい試みがアルバムに奥行きを与えています。
51P-RKIB8lL.jpg

そして抜群のアルバム・ジャケット。これも含めて人気の高い作品です。

Lonely Brother
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSW

カーネーション/Multimodal Sentiment

カーネーション/Multimodal Sentiment
2016年 日本
『二人カーネーションだからこその柔軟なゲスト起用』

 このブログは3年くらいやっているので、過去にもカーネーションのアルバムを取り上げたかな、と思ったのですが取り上げていませんでした。そうですか、4年振りの新作なら仕方がないですね。ジャケットはサージェント・ペパーズ風に並べたオーディオ機器。期待が高まります。

 日本のロック・バンドとしてスタート、現在は二人のユニットとして活動するグループの新作。セルフ・プロデュースで制作されており、エンジニアには原真人が参加。近年の活動では『ヘヴンリー・ミュージック』など細野晴臣のアルバムを手掛けています。セッション・プレイヤーとして、キーボードに佐藤優介(カメラ=万年筆)、sugarbeans、ギターに松江潤、ドラムに張替智広が加わっている他、大森靖子(ヴォーカル)と川本真琴(コーラス)が1曲ずつでゲストとして参加しています。硬軟織り交ぜた多彩なメンバーが勢ぞろい。
104507808.jpg

 今回は気まぐれで冒頭3曲をピックアップして感想を書いてみます。まず1曲目「まともになりたい」。昔のカーネーションを彷彿とさせる、ビートルズ(チープ・トリック?)~XTCを下敷きにしたグラムロック調の元気な曲です。煮え切らない展開、シンプルな歌詞も相変わらず。シンセがスペーシー。2曲目「WARUGI」はエイドリアン・ブリューな感じの、エキセントリックにわななくギターがかっこいいナンバー。80年代クリムゾンが盆踊りでデジタル機器をいじくっているような感じ。3曲目「Lost in the Stars」はダンス・ビートとシュンシュンと浮遊するシンセが印象的な曲。ハードボイルドなヴォーカル部分と、お茶目なキーボード・ソロが対比していて鮮やかです。

 冒頭3曲のみならず、多彩な楽曲群が用意されているのが特徴。軽快なビート、くすぶったサイケデリック感が全編で貫かれており、どんよりとした暗さがあります。これが本作のカラーなのでしょう。キャッチーさは控えめです。前作のような分かりやすさはありませんが、カーネーションらしさという点では今回のアルバムの混沌とした様子こそがあるべき姿でしょう。初回はあまり馴染みませんでしたが、聴くたびにじわじわ染み込んで来ています。

 最後に一つだけ。いいアルバムなのですが、バンドのアルバムと言われると腑に落ちない部分があります。名前は残っていますが、やっぱり実質はプロジェクトなのでしょう。ゲスト無し、カッチリとしたバンドを編成したカーネーション(再結成とは言わない)で生まれ変わって新作を作ってくれたなら・・・・・・なんて思ってしまいました。
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ロック

LIBBY TITUS/LIBBY TITUS

LIBBY TITUS/LIBBY TITUS
1977年 アメリカ
『ゴージャスな歌声に魅了されます。』
e0042361_0351977.jpg

 引き続き、ソニーの「ナイス・プライス・リターンズ」シリーズよりご紹介。このアルバムを選んだのは、このジャケットに見覚えがあったのとポール・サイモン、フィル・ラモーン、ジェイムス・テイラーなどの豪華な参加メンバーに惹かれてのこと。リビー・タイタスについては全く知りませんが、本作には小倉エージ氏による詳細な解説が付いているので、プロフィールはそれを参考にして書いてみようと思います。

 リビー・タイタスはアメリカのSSW。60年代から歌い始め、1968年にアルバム・デビューを果たします。ここでは自作曲は含まれていませんでした。以後コーラスなどでセッションに参加することや、自作曲を提供することで様々なミュージシャンとの交流を育みます。そして1977年。自身のオリジナル曲を含むセカンド作を発表します。

 メインのプロデュースはフィル・ラモーンが担当。カーリー・サイモンとポール・サイモンも数曲でプロデュースしています。作曲クレジットでは約半数にリビー自身の名が入っている他、カーリー・サイモンが3曲(+共作1)、ポール・サイモンが1曲提供するなど、他人の提供曲も多く含んでいます。ザ・バンドやスタッフのメンバーを含む豪華なセッション・プレイヤーが集結して制作されており、先に挙げたジェイムス・テイラーはバック・コーラスでの参加でした。

 演奏はムーディーでジャズっぽく、ヴォーカルを引き立てています。艶やかな歌声が素晴らしく、2枚しかアルバムを出していないことが残念に思えるほど。ジャケットから伝わるゴージャスなイメージそのままです。涼しくなってきた夜に、このアルバムを聴けば心地よく寛ぐことが出来そう。

CAN THIS BE MY LOVE AFFAIR'

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSWポップス

Roland Johnson/Imagine This

Roland Johnson/Imagine This
2016年 アメリカ
『アトランティック・ソウルへの愛情があふれる一枚』

 ジェイムス・ブラウンとオーティス・レディングが好きでソウルを歌い始めました!という50代(推定)のおじさんシンガーのデビュー作。それが本作、『Imagine This』だ。
51QCUDcyrJL__SS500.jpg

 
 アトランティックから出ていそうなジャケ。これはチェックせざるを得ない。

 彼について書けることはほとんどありません。フェイスブックはあるのですが、詳細なデータは見つかりませんでした。分かったことはセントルイス出身ということと、冒頭で書いたことだけ。Youtube動画は2014年頃からあるようなので、その頃から活動を開始したのかもしれません。
 
 内容はジャケ同様、アトランティック・ソウルを踏襲したもの。昨今のヴィンテージ・ソウル勃興の流れを受けて、デビューしたことは間違いありませんが、クオリティは高いです。本人のヴォーカルは朗々として力強く、さすがに50代で歌い始めただけある貫禄を持っています。低音の伸びが素晴らしい。ジェイムス・ブラウンやオーティス・レディングと比べると、声量では少々分が悪い(ちょっと掠れてしまうところがあり)ですが、素晴らしいシンガーであることは間違いありません。
ブラス、オルガン、ピアノ、ギターなどによるバックも、アトランティック・ソウルの雰囲気を心得たゴージャスな演奏で、歌を盛り上げています。

 楽曲は全て彼のオリジナル曲で構成されており、それらはアトランティック・ソウル並みの水準をクリアしたものばかり。これぞという決め曲こそ無いものの、存分に温故知新を満喫出来ました。

Promised Land
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル

Dawes/We're All Gonna Die

Dawes/We're All Gonna Die
2016年 アメリカ
『シンセサイザーの膜の奥から染み出すウエストコースト』

 シンセサイザー主導による、80年代っぽいポップなバンド・サウンド。カルフォルニア出身ならではの、大らかで爽やかなメロディーを奏でています。

 繰り返しになりますが、ドーズはカルフォルニアを拠点に活動する4人編成のロック・バンド。2009年から活動を開始しています。同郷の偉大なるSSW、ジャクソン・ブラウンが以前からプッシュしており、彼と同系統の哀愁味を持ったフォーク・ロックを指向していました。今回のアルバムが三枚目となります。
dawes-cover-art_sq-be62d1e1549c3e7490195c93cde0e4da4a3bea80-s300-c85.jpg

 新作では音楽性に変化が生じており、前述通りシンセサイザーと電子音の導入により、バンドのサウンドはニューウェイヴ、またはオルタナティヴ・ロックへ寄っています。さすがにジャクソン・ブラウンを切っ掛けとして彼らを聴いていたら戸惑ってしまいそうな変化であります。
 
 それでもカルフォリニアらしいトロピカルな要素は残っており、ミドルテンポの楽曲では、浮遊感を売りとするエレクトロ・ポップとは異なる、気怠いフォーク感覚を味わうことが出来ます。ただし、数曲収録されているアップテンポのロック・ナンバーは、「ザ・アメリカン・ロック」とも言える、力押しのダイナミックな内容なので、そこだけ聴いてしまうと拒否反応を示してしまうかもしれません。

 昨今のロック・バンドはごちゃごちゃ色々詰め込んで、それをコンピュータで整理して・・・・・・という感じが馴染まなかったのですが、このバンドはシンセを取り込みながらもサウンドがすっきりしていて良かったです。

When The Tequila Runs Out
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロック