Con Brio/Paradise

Con Brio/Paradise
2016年 アメリカ
『おかわり発見』

 今年行ったライブの中でもトビキリ素晴らしかったのはヴィンテージ・トラブルでした、と9月にして言い切ってしまえる。そんな僕がヴィンテージ・トラブルみたいなバンドを探してyoutubeを漁るという行動に出るのはごく自然なこと。欲張りなのですよ。
 そして「これは近いかもしれない。」と思ったのが今回ご紹介するコン・ブリオです。
 2013年結成。サンフランシスコを拠点に活動する7人編成(キーボード、サックス、トランペットを含んでいます)のソウル・グループ。今回のアルバムがデビュー作となりますが、資料によると「ボナルー (US)、バイロン・ベイ・ブルース&ルーツ・フ ェスティバル (オーストラリア)、ノース・シー・ジャズ・フェスティバル(オランダ)、アウトサイドラ ンズ(US)、ロラパルーザ(US)」加えてフジロックと各国のフェスに出演しています。バックアップ体制は万全にして、ファンの期待度も大変高いグループであることが伺えます。
conbrio1601.jpg

 活力とセクシーさを併せ持つヴォーカル、颯爽とカッティングを決めるギターを中心に、キーボード、サックス、トランペット(ソロパートもあり)を加えた厚みのあるバンド・アンサンブルはエネルギッシュです。ヴィンテージ・トラブルが好きならば、恐らくこちらも気に入るはず。コン・ブリオの方がカラッとしていてファンキーさが強調されており、よりアメリカらしいサウンドかと思います。
 大所帯のグループだけにグルーヴィに盛り上がるアップテンポ・ナンバーが多く、70年代ソウルの伝統を受け継いだ作風もバッチリハマっています。

Con Brio on Audiotree Live (Full Session)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル

Foghat/ Under the Influence

Foghat/ Under the Influence
2016年 イギリス
『無邪気な演奏が羨ましい』

 ミドルテンポ中心ながら、キャッチーなメロディーを散りばめて威勢のいいハードブギを聴かせる快作。フォガットが6年振り17枚目のアルバムを発表しました。
R-8686739-1466609972-4631_jpeg.jpg
 元気だったのか!という感じですが、さすがにオリジナル・メンバーはドラム担当のロジャー・アールのみ。他のメンバーは同世代のベテラン・プレイヤーが集結しており、ヴォーカル&ギターにチャーリー・ハーン(元ハンブルパイ)、もう一人ギターとしてブライアン・バセット(元モーリー・ハチェット)、ベースにクレイヴ・マクレガー(1977年よりフォガットのメンバー)という布陣。ハードブギが好きそうなメンツが揃っており、微笑ましいです。尚、プロデューサーはZZトップでの仕事で知られるトム・ハンブリッジが担当。
 聴く前から「恐らく得意とするハードブキ一辺倒なのだろう。」と予想出来ていましたし、実際の内容も想像を超えることはありません。ただ、骨太なグルーヴによる横揺れがとても心地よいです。加えて、キャッチーな楽曲群(地味な曲も数曲ありますが)が楽しそうに演奏されており、その雰囲気がこちらにも伝播してくるのがポイントでしょう。堅実なリズム隊に支えられて、嗄れ声のヴォーカル、ギュインギュインわななき、分厚いリフも形成するギターがブイブイと暴れているのは爽快です。
 このアルバムに収録されている無邪気なハードブギの数々を聴いていると、幸せそうな老後がとても羨ましく思える。
Under the Influence
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスHR/HMロック

HENRY LOWTHER BAND/CHILD SONG

HENRY LOWTHER BAND/CHILD SONG
1970年 イギリス
『なるほど、チャイルド・ソングと納得できる平和なジャズ・ロック』

 1970年代、英プログレなどと交流が盛んだった英ジャズ・シーン。
そんな歴史もあり、英ロック・ファンな自分も一時期のめり込みました。
ただし、いかんせんCD化されていないタイトルも多く、
いくつかはとても聴きたいがお高いレコードには手が出せない、と諦めていました。
本作もそんな中の一枚だったのですが、
何故か突然、日本盤で紙ジャケCD化されることに。早速、入手した次第です。
(実際には数年前に輸入盤でCD化されています。)

 ヘンリー・ロウサーはグラハム・コリアーやボブ・ダウンズ、
ニール・アドレイにマイク・ウエストブルックなど、
イギリスを代表するジャズ・ミュージシャン達のグループにことごとく参加していた一流のトランペット奏者。
またキーフ・ハートレイ・バンドにも参加するなど、ブルース・ロック・シーンでも活躍しています。
そんな彼が唯一発表しているアルバムが本作。
lowther.jpg
ジャケ良し!

 アルバム全6曲をヘンリー・ロウサーが作曲。
2管、ピアノ、ベース、ドラムスという構成です。
フリー・ジャズの影響を感じさせるジャズ・ロック作となっており、
イギリスならではのクールな質感を存分に楽しむことが出来ます。
また、ヘンリー・ロウサーはトランペットだけでなく、
ヴァイオリンやフリューゲルホーンも演奏しており、エレピやヴァイオリンによる爽やかな音色が、
のどかな雰囲気を醸し出しているのがポイント。
なるほど、チャイルド・ソング。と納得してしまうこと、請け合いです。

Puppet Song
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスジャズ

DICTE/Perfume

DICTE/Perfume
2016年 デンマーク
『デンマーク・ロックはまだまだ掘り甲斐がありそう』

 ヴァイオリンを交えた暗鬱なテクノポップ「Stronger」にやられてアルバムを買ってみたものの、そのオープニング・ナンバー「Don´t Wanna Lie」は厳かなピアノ・バラードでした。「???」
 ディクテはデンマーク、コペンハーゲンを拠点に活動するSSWです。1989年、彼女は地元のタレント・コンテストを経て、「HER PERSONAL PAIN」というグループを結成します。そこでヴォーカリストとして活動、2枚のアルバムを発表。ニューウェイヴ系のシリアスなロック・サウンドが特徴だったようで、何とデンマークのグラミー賞も受賞している実力派グループでした。正直、90年代のデンマークのロック・シーンには疎かったのですが、これはかっこいいです。是非聴いてみてください。さて2枚のアルバムをリリースした後、残念ながらHER PERSONAL PAINは解散してしまいます。その後、ディクテはソロとして活動。7枚のアルバムをリリースしており、本作は8枚目のアルバムとなります。
46da75d6efe278b201bdb102b9a0d60a.jpg
 ソロになってからはニューウェイヴの影響を引きずった陰鬱でハードボイルドなロックをやっており、バンド時代の音楽性を引き継いでいる印象。少しポップで内省的になっているのがポイントです。そんな中で今回のアルバムではピアノ弾き語りからオーケストラとの共演、そしてバンド録音と様々なスタイルを試しており、更に複数のプロデューサーを起用することで、自身の引き出しを全て見せることをコンセプトにしているようです。その為、大変バラエティに富んだ内容となっています。
舌足らずで掠れた歌声は魅力的で、加えて感情表現が豊かで引き込まれます。ダーク且つ神秘的なサウンドと相まって、ジュリアンヌ・リーガンを彷彿とさせる所もあり。多彩な楽曲群も良質なものが揃っており、ダークな世界観と彼女のヴォーカルの力でアルバムとして楽しめてしまいました。デンマーク・ロック界の歴史を少し覗けた気がして、その意味でも出会えてよかったミュージシャンです。

Stronger
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ デンマークSSWポップスロック

Mickey Baker/The Blues And Me

Mickey Baker/The Blues And Me 
1974年 アメリカ
『違いが分からない男のブルース・レビュー24』

 今回、取り上げるブルース・マンはミッキー・ベイカー。
ミッキー・ベイカーは1925年、ケンタッキー州ルイビルにて生まれました。
1936年に孤児院に入れられた彼は頻繁に脱走。
セントルイス、ニューヨーク、シカゴ、ピッツバーグなど、
各地の施設に送られては脱走を繰り返していたそうです。
ニューヨークで食器洗いの仕事を見つけた後は、一時落ち着いていました。
しかし、やがてビリヤードで稼ぐことに憧れ、仕事を辞めてしまいます。
19歳の頃、チャーリー・パーカーに感銘を受けたミッキーはトランペット奏者になるため、
いやトランペットを購入する為、皿洗いの仕事に復帰。
14ドル貯めることは出来たものの、それだけではトランペットは買えず、妥協してギターを購入することに。
その後、彼はニューヨークの音楽学校に入学。
しかし授業について行けずドロップアウト。
自宅学習もうまく行かないミッキーが頼ったのはストリート・ミュージシャン。
彼らの指導により、ジャズ・ギタリストとしての腕を磨きました。
24歳(1949年)になったミッキーは、いくつかの仕事を掛け持ちしながら、
自身のジャズ・コンボで音楽活動を続けていました。
ジャズ・コンボの活動を更に充実させるため、カリフォルニアに移ったミッキー。
しかし観衆は全く彼のジャズに興味を示してはくれません。
途方にくれていたある日、たまたま観ていたピー・ウィー・クレイトンのライブ。
そこで彼の白いエルドラド(キャデラック)と、バンドの為の大きなバスを見て衝撃を受けたのです。
1976-cadillac-eldorado-1.jpg

「ジャズなんてやっていたら、のたれ死んでしまう。これからはブルースだ。」みたいな感じでしょうか。
再び働いてお金を貯め、ピー・ウィー・クレイトンの研究をした後に、
彼のいない土地で稼ぐべくミッキーはニューヨークに戻ったのでした。
(修行して独立するラーメン職人みたいですね)
東に戻った後のベイカーはサヴォイやキング、アトランティック
といったレーベルでのセッション・プレイヤーとして数々のレコーディングに参加。
ドリフターズやレイ・チャールズ、ルース・ブラウン、ビッグ・ジョン・ターナー、
ルイ・ジョーダンという面々のセッションに携わり、一流セッション・プレイヤーとして地位を固めます。
そして1956年に恋人とのデュオ、ミッキー&シルヴィアを結成。
ヒット曲「Love Is Strange」を生み出します。
その後、ベイカーはフランスへ移住。
そちらではフランソワ・アルディやシルヴィ・バルタンのセッションに参加していたそうですが、
次第に音信も途絶えてしまったとのこと。
Mickey-Baker1-300x300.png

 個人でのリリースは少ない彼ですが、本作はその少ないアルバムの一つ。
フランス移住後の74年に、来仏してきたブルース・プレイヤー達と共演したアルバムだそうです。
歌入りのルーズなブルースをやっています。
初期の頃のような豪快な速弾きこそないものの、ダイナミックなフレージングで聴き応え十分。
フランスではシャンソンのバック・ミュージシャンで稼いでいただけに、
楽しそうに演奏している姿が目に浮かぶようです。
それにしても生い立ちを書いているだけでも、面白い人生でした。

Mickey Baker - Kansas City
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカ違いが分からない男のブルース・レビュー

never young beach/fam fam

never young beach/fam fam
2016年6月 日本
『盆踊りを思わせる、ダンス・ビートが開放的で気持ちいい』

 細野晴臣を彷彿とさせるトロピカルな日本語ロック、
サイケデリック・フォークをやっている若手グループによるセカンド・アルバムです。
前作もチェックはしているのですが、イマイチはまらず。
友人がオススメしてくれたのもあり、再度本作で入門してみたいと思います。

 ファーストの時には、はっぴえんどが引き合いに出されており、
それとは異なる浮遊感あるサイケデリック・サウンドに戸惑ってしまいましたが、
今回はスムーズに音楽に没入できました。

 盆踊りを思わせる、ダンス・ビートが開放的で気持ちいい。
前作ほどサイケデリック感は無く、ビート、グルーヴが強化されています。
ジャムっぽいリラックスしたバンド・アンサンブルも印象的。
歯切れのよいカッティング・ギターが素晴らしい。
famfam__.jpg

 くたびれた感じが細野晴臣を彷彿とさせるヴォーカルは味があります。
古き良き日本語ロックの影響を感じさせるノスタルジックな歌詞もいいです。
ただ、声量が足らず、パワフルなバンド演奏の後ろに隠れてしまうのが玉にキズ。
(ミックスで後ろにひっこめているだけかな)
ロック色が強くなった本作では、感情の起伏が乏しい点も気になってしまうところ。

高田渡のカバー「自転車に乗って」はダンサフルにアレンジされており、
彼らの個性が発揮されています。


never young beach - なんもない日
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップスロック

Monica Heldal/The One In The Sun

Monica Heldal/The One In The Sun
2016年 ノルウェー
『英ロック好きのノルウェー産フォークロック』

 優しく大らかな歌と爽やかなエレピに心地よく包まれたかと思えば、ブルージーなギターが峻厳な雰囲気をもたらす。寒さ厳しいノルウェーならではの、フォーク・ロック作。
 モニカ・ヘルダルは2013年にデビューしたフォーク・シンガー。その年のデビュー作『Boy From the North』でノルウェーの音楽賞(Spellemannprisen)で新人賞とポップ・アーティスト賞を獲得しています。1991年、ノルウェーのアルナにて生まれた彼女。16歳の頃から自作曲を書き始め、様々な音楽を研究。結局、志向する音楽をフォークとブルースに決めました。その頃に最も衝撃を受けたのがニック・ドレイクとロリー・ギャラガー。他にチェット・アトキンスやレッド・ツェッペリン、フリートウッド・マック、シン・リジィ、ジェリー・リードなど渋めのミュージシャンに影響を受けている様子。ブルースとフォークを基盤とする英ミュージシャン(スコットランド&アイルランドが多め)のリストですね。1991年生まれと考えると、恐らく親世代の影響なのでしょう。さて、本作は25歳になった彼女が発表したセカンド・アルバムとなります。
monicaheldal1.jpg
 フォーク・ロックを軸としているものの、音楽性は多彩でバラエティに富んだアルバムです。具体的にはレッド・ツェッペリンのような緩急を付けたドラマティックな大作や、ジェネシスのような幻想的なプログレ曲を含んでいます。音楽マニアの性が発揮されていますが、ミステリアスな雰囲気を持つヴォーカルときめ細かいピッキングのギターを軸とした彼女の個性は統一されているので、すっきりと聴きとおせます。アイリッシュ、スコティッシュのフォーク、トラッドを彷彿とさせる素朴さが、ノルウェーらしい荒涼としたサウンドに温かみも加えているのもポイント。

Monica Heldal - For Saviours (live video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ ノルウェーSSWフォーク

更新少しゆっくりになります。

またしてもこのタイトルを付けてしまうとは・・・残念無念。
申し訳ありません。
しばらくの間(ストックが安定するまで)更新を少しゆっくりにさせてください。

週2回の更新はします。日曜日、水曜日の予定です。
+木曜日にはok musicでの連載記事への寄稿もさせていただいております。
こちらも是非チェックしてください。

それでは読者の皆様、ごきげんよう。


関連するタグ

Laura Mvula/ The Dreaming Room

Laura Mvula/ The Dreaming Room
2016年 イギリス
『聴いた後の余韻に訪れる爽快感は格別』

 バーミンガム出身のSSW、ローラ・マヴーラによるセカンド・アルバムが到着しました。デビュー作のレビューではまだ日本でそれほど紹介されていなかった為、「Mvula?なんて読むんだろ、これ?」と悩んだあげく、ムヴーラと読んでみた素直な僕。しかしながら今回のアルバムではマヴーラが優勢な様子。早速、乗り換えました。(ムビュラと書いてあるページもあり)
 前作同様、プロデュースはトロイ・ミラー(エイミー・ワインハウスなどのアルバムを担当)。ゲストが多数参加している作品ですが、特にナイル・ロジャースとロンドン交響楽団が参加していることに少し驚きました。豪華です。
LauraMvula_TDR_450_RT_m0xyye.jpg

 エレクトロ、ソウル、彼女のルーツである南アフリカの民族音楽等をミックスした音楽性が新鮮だったデビュー作。その流れを本作も受け継いでおり、その上でより振り幅を大きくしたものとなっています。具体的にはエレクトロ要素とアフリカン要素が強調されているのがポイント。またロンドン交響楽団の参加に象徴されるように(ファーストと本作の間にクラシカルなアレンジを施した企画盤がリリースされています)スケールが大きな楽曲を多く収録しているのも特徴です。
 民族音楽をドラマティックなロックとして仕立てる手法からは、どうしてもケイト・ブッシュの残像がチラホラと・・・・・・。しかし、その上で尚、エキサイティングな音楽であることには違いありません。アフリカンの血を感じさせるリズム感と、エレクトロ・ビートが交錯する動のパート、清々しいメロディーによる静のパートが満ち引きを演出。
 最後に、ごった煮感満載の複雑な音楽性にも関わらず、ほとんどすべての曲が3分に収まっている為、スピード感があり。目まぐるしいアルバムですが、聴いた後の余韻に訪れる爽快感は格別。

Overcome
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスポップスSSW

BLUES PILLS/Lady In Gold

BLUES PILLS/Lady In Gold
2016年 スウェーデン
『まだまだこれからだ』

 70年代ハード・ロックを継承する音楽性で、注目を集めたブルーズ・ピルズの新作が到着。こういった音楽性のグループを指して「古ロック」と書いてあるのをBurrn!で読みました。うーむ、分かりやすい。そういう呼称が出るくらい色々なグループが出現しているということでしょう。当ブログでもいくつか取り上げていますが、これは楽しくなってきました。
 エリン・ラーソンの歌声は相変わらず強力無比。ヴォーカル、演奏共によりパワフルになっており、特にオープニングからの2曲ではギター・リフを強調しているのでAC/DCを彷彿とさせました。大会場でのパフォーマンス経験を積んだ成果か、スタジアム・ロックを演奏する大物のような風格が漂っています。
BluesPills2016-e1461317629242.jpg

 ただ楽曲に関しては不満もあり。特に前半、大味なブルーズ・ナンバーが多めであるのが気になるところ。余韻やハッタリを大事にして曲が冗長になってしまう罠にハマっているように見えます。一方で後半にはブルーズ、ソウルの泥臭いグルーヴをグネグネと感じさせながら盛り上がる曲が控えており、特に「Bad Talkers」から「You Gotta Try」への流れは最高。こっちをオープニングにした方が良かったのではないか、と感じました。まだ10回ほどしか聴いていませんが、レビューで楽曲への苦言を呈したファーストの方が総合的に楽曲の出来は良かったです。
 こういった古ロックはどうしても雰囲気優先で入ってしまいがち。まして彼らブルーズ・ピルズの佇まいと来たら最高なのですから・・・・・・次こそは私のような口うるさい頑固爺をだまらせるアルバムを作っていただきたい。このアルバムも悪くはありません。それでも、彼らの真価はもっと凄まじいはずだと信じています。
I Felt A Change
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ スウェーデンHR/HM