Mary Lou Lord/Backstreet Angels

Mary Lou Lord/Backstreet Angels
2015年6月 アメリカ
『良い感じにくすんできた・・・・・・11年振りの彼女』

 再び一週間振りのご無沙汰となってしまいました。
先週に引き続き、オーディオ導入期の為、更新が滞ってしまい申し訳ございません。
今日、遂にアンプの電源を入れました!
プレーヤーがまだ届いていないので通電させただけなのですけれども・・・・・・。
無事、新しいオーディオ・システムが構築された暁には、
自分の音楽ルーツを最初から遡って片っ端から聴き倒し、
記事もバンバン更新する予定ですのでしばしお待ちを。
オーディオ・システム周りの記事も書きたいなぁ・・・・・・

 そんな近況を書くほどご無沙汰な自分が聴いた本日のアルバムはこちら。
「おっ、プリティにして爽やかなSSWじゃないか。」なんて思ったら、メ
アリー・ルー・ロードの新作でした。
11年振りのアルバムなのですね、そりゃあ、自分のように忘れ去ってしまった人も多いはずです。
ボストンを拠点として活動していたSSWで、
デビュー当時はカート・コバーンの「元恋人」という触れ込みが目立っていた記憶があります。
ファースト『Got No Shadow』では、80年代を想起させる爽やかパワー・ポップをバンド・サウンドで披露しており、
メロディーの充実振りと溌剌としたヴォーカルが印象に残る傑作でした。

 さて、本作の内容ですが70年代回帰といってもいいノスタルジックなSSW作となっています。
ファーストのキャピキャピした感じがキツくなってきた自分にはジャストフィット。
オルタナらしいザラザラした感触を残しつつもメロディーの甘酸っぱさは健在。
アコギ弾き語りを中心にストリングスなどを加えた、
アットホームな温もりを感じさせるアンサンブルも素晴らしい。
Mary-Lou-Lord.jpg

 ちょっと検索して驚いたのですが、メアリー・ルー・ロードって10月に初来日するのですね。
そこまで有名で無かった気がしたので意外に感じました。
原因はTV番組「テラスハウス」に音楽が採用されたことにより、知名度が上がった為の様ですね。
そんなメアリー・ルー・ロードの新作ですが、
日本盤はおろか、CDの入手は困難な状況。
ダウンロードをお勧めいたします。

「My Buddy Valentine」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカポップス

Ultimate Painting/Green Lanes

Ultimate Painting/Green Lanes
2015年8月 イギリス
『サイケデリック・ロック愛に満ちたプロジェクト』

 ビーチ・ボーイズのアルバムにも合いそうな、
トロピカルなジャケに反応したのですが、実はイギリスのグループだったようです。
よく見るとこれ、レコーディング・スタジオなのかな?
(ジャケについては最後に載せた楽曲動画を参照ください)
内容も全く予想と異なりました。

 共にイギリスで活動しているメイゼスのジャック・クーパー、
ヴェロニカ・フォールズのジェイムス・ホエアの二人が組んだプロジェクトによるセカンド・アルバムとのこと。
Ultimate-Painting.jpg

 自分はどちらも知らないグループでした。
少しyoutubeで聴いただけではありますが、
どちらもイギリスらしさを持ったいいロック・バンドだと感じました。
それを踏まえたうえで、アルティメイト・ペインティングは
二つのグループの持つ音楽性に比べるとグッと懐古的なものになっています。
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドや中期ビートルズを彷彿とさせる
英米折衷のサイケデリック感覚にパブ・ロック的なラフさを加えた、緩いサウンドが特徴。

 ルーズなリズム隊、ヨレヨレながら小気味良いアコギ、
レトロ感抜群で幻想的な音色を響かせるアナログシンセによる、お気楽なムードのアンサンブル。
爽やかなメロディーながらサビで煮え切らない英国らしさが滲み出た楽曲群が素晴らしい。

「Break the chain」

 
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスロック

Twin Bandit/For You

Twin Bandit/For You
2015年6月 カナダ
『ポップスとフォークの境界線をふらふらと』

 最近、オーディオ・システムを一新するという大仕事に掛かり切りの為、
なかなか記事更新が出来ませんでした。
そちらの方はまだ完了しておりませんが目途はつきましたので、
本日以降少しずつ、記事制作を再開したいと思います。
オーディオ・システム新調の過程についても、(主に自分の為にですが)書こうと思いますので、
そちらも読んで頂ければ幸いです。

 さて再開後初となる新作がこちら。
ツイン・バンディットと名乗るフォーク・デュオによるデビュー作です。
カナダのブリティッシュ・コロンビア州、バンクーバー・イースト・サイドを拠点に活動している二人組。
ツインと名乗っておりますがハンナ・ウォーカーとジェイミー・エリオットで構成されており、双子ではありません。
twinb.jpg

 楽器は二人ともアコギを担当しており、
弾き語りによる美しいハーモニーを駆使したフォーク・ソングをやっています。
影響を受けたミュージシャン欄には
ジョン・プレイン、ダニエル・ラノワ、エミルー・ハリス、ドノヴァン、フリートウッド・マック等が並んでおり、
実際やっている音楽も伝統的なフォークを感じさせつつ、
かなりポップな味付けがされているのが特徴です。

 聴き所は二人のハーモニーでしょう。
清廉な美しさが際立っています。
また、本作ではバンド・アレンジが施されており、
煌びやかなキーボード・サウンドやスライド・ギターが幻想的なエコーを纏って、
楽曲を彩っているのもポイント。

 本格指向のフォーク・ミュージシャンが持つシリアスさは希薄。
しかしながら、躍動感とミステリアスな雰囲気は十分で、
上記リストの中から引き合いに出すなら
フリートウッド・マック(もちろんスティーヴィー・ニックス在籍期)に近いものを感じました。
デビューまでに書き溜めたであろう楽曲群はなかなかの充実振りです。

「Rosalyn」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ カナダフォーク

レイモンド・チャンドラー/ロング・グッドバイ

レイモンド・チャンドラー/ロング・グッドバイ
1953年 アメリカ
村上春樹訳 711p 読書期間 1ヶ月
『小説の登場人物に本気でイライラ』

 前回から随分、間隔空いてしまった読書感想。
色々と読んではいたのですが途中で挫折したり、
感想が出てこなかったりで(面白かったけれども)、
何冊かスルーしていました。

 今回読んだのは、ハードボイルドなミステリー小説の金字塔とされている作品。
今回は村上春樹訳を選択しました。

あらすじ(amazonより抜粋)

私立探偵フィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には哀しくも奥深い真相が隠されていた。

 とにかく、この本は文章がすらすらと入ってくるという印象。
読みやすく理解しやすい、文章がイメージしやすい。
それが楽しいのです。

 そして登場人物たちのハードボイルドな佇まいも魅力でしょう。
いちいちカッコつけて権力に反抗する態度を見せるのに、
なすすべもない主人公のマーロウを始め、
ダメ人間テリー、アル中作家ウェイドなど読んでいて
本気でイライラさせられてしまったのは久しぶり。
特に主人公には共感できない部分が多かったのですが、
(報酬は素直に受け取ろう)
それだけ読者の感情を揺さぶることが出来るのは凄いことです。

 謎解きに関してはある程度結末が読めてしまったので、
ドキドキしませんでした。
ただ先が読みたくなる展開ではありました。
そしてラストのやり取りはかっこつけすぎだろう、と思いつつも
惹きつけられました。

 700p越えの文量が少し長く感じました。
展開に関して言えば、ウェイドという作家との関わり合いを描いたパート。
特に彼の居場所を探す際に様々な医者に会いに行くところは
「どーせ、みつかるんだろ、サッパリと流そうよ。」
と思ってしまいました。
そして、村上春樹は、最初の翻訳にあたる清水俊二訳で省略されていた部分を
原書に忠実に訳した、とあとがきで語っています。
確かにレイモンド・チャンドラー の細かな描写は読みどころなのですが、
クドイ。
この横道に逸れるのが魅力の一つらしいのですが自分は入り込めませんでした。

 このように不満を感じつつも
文章の魅力で大いに楽しめました。

 そういえば、あとがきが50pほどもあったのには驚きました。
最初の翻訳である清水俊二訳を褒めつつ、
自分が翻訳することの意義を語るところが
「好きなものを翻訳したいために言い訳をひねり出す」
ような強引な熱意が感じられて良かったです。
村上春樹、おちゃめじゃないか。
でもいつか清水俊二の訳も読んでみよう。
関連するタグ

Sir Oriental Orchestra/天然関係

Sir Oriental Orchestra/天然関係
2015年6月 日本
『青田買いレベルマックス』 

 シティ・ポップ、シティ・ポップ、シティッ・ポップ・・・・・・
イギリスにおけるネオ・ネオ・モッズの如く、
リバイバルが盛り上がっていた去年辺りのシティ・ポップ・シーン。
僕も楽しくブーム(まぁひっそりとしたものだと思いますが)に乗って大いに楽しませてもらいました。
しかし正直に言おう。
実はちょっと前から飽きていたかもしれません。
『大瀧詠一、ティン・パン・アレー、シュガー・ベイブなどのシティ・ポップやニュー・ミュージックをルーツに、
90年代J-POP/J-ROCKの匂いも加えたサウンドを鳴らしている』
とか宣材文で書かれても「またかぁー」とローテンションなまま。
しかし音源を聴いたら眠気スッキリ、シャッキリ。
「これいいぞ!ソーロエンタ・・・・・・天然関係!」

 CD開封、ブックレットの裏面が大瀧詠一チックなことにニンマリ。

 サーオリエンタルオーケストラは2010年に結成されたグループ。女性ヴォーカル、鍵盤入りの4人組です。

 70年代のシティ・ポップと感じる、ノスタルジー多めの楽曲群が並んでいます。
宣材文のご指摘通り90年代を彷彿とさせる(いい意味で)俗っぽいポップさを持っているのが特徴。
がむしゃらな鍵盤や声量が足りないながらも情熱的なヴォーカル、
伸びやかなギターなどに、自分はその傾向を感じ取りました。
プリンセス・プリンセスみたいなところもあったりします。
シティ・ポップでありながら、アリーナ・ロックっぽさもあるというのはなかなかに新鮮。

 やりたいことの提示は出来ている一方で、
歌唱、演奏といったパフォーマンス面では粗削りなところが見受けられます。
今後の鍛錬に期待。
後半、エモーショナルな曲が固まっているので、
さっぱりとした静かな曲が挟まれていたら良かったかもしれません。
そんなことを冷静に思いつつも、この人懐っこいサウンドはやっぱり魅力的。
次が楽しみだ。

「天然関係」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス

遊佐春菜/ Spring Has Sprung

遊佐春菜/ Spring Has Sprung
2015年6月 日本
『ほのぼのサイケフォーク』
 スプリング・ハズ・スプラング。
春は跳ねた、みたいな感じでしょうか。
壊れかけのテープレコーダーズの遊佐春菜による、初のソロ・アルバムをレビューします。

 壊れかけのテープレコーダーズは2007年から活動しているロック・グループ。
ブルース、サイケ、フォークの要素も内包しているアコースティック主体の音楽性と、
良く言えば粗削りな演奏が特徴です。
このグループのアルバムについてはまた別の機会に紹介したいところ。
4人組である壊れかけのテープレコーダーズに於いて、
オルガン奏者として参加しているのが遊佐春菜という訳です。
プロデュースは住所不定無職(という肩書きではなく、細野晴臣でもなく、バンド名)のザ・ゾンビーズ子が担当。
こちらについてはジャケがマジカル・ミステリー・ツアーのパロディだったな、くらいしか記憶にありません。
いつかちゃんと聴いてみたいです。
取り敢えずゾンビーズが好きなことは確かですね。
また、作詞に三輪二郎、作曲に金子麻友美などが参加。
こちらで最新作をレビューしている三輪二郎に引っかかり、本作を手に取った訳ですが、
金子麻友美という方は知りませんでした。
調べてみると自主盤しかリリースしていないにも関わらず
(8月に全国流通のアルバムが出るそうです)早川義夫と2マンをやっている凄い人みたいです。
かようにアングラなロック/フォーク人脈が集結したアルバムなだけに、その内容に聴く前から期待大。

 バンド演奏で録音されており、壊れかけのテープレコーダーズと共通するサイケデリック感覚があります。
主役である遊佐春菜の歌は線が細く素朴な味わい。
歌、演奏が合わさることで、とてもメルヘンチックで朴訥なサウンドに仕上がっています。
沈殿する幻想世界という感じなので、「春は跳ねた」というのとは少し違う印象ですが、
アンダーグラウンドな雰囲気は素晴らしい。

 ゾンビーズ子によるルー・リードなど60年代調サイケ、
金子麻友美によるアンダーグラウンドなオルガン・フォークを中心に、
マニアックなカバー(知らない曲ばかりだったので後でオリジナルも調べてみます)
もいくつか挿入されたバラエティー豊かな内容。

五月の雨
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本SSWフォーク

図書館/図書館の水源郷

図書館/図書館の水源郷
2015年7月 日本
『夏の図書館はクーラー効いてていいよね。』

 田中亜矢、近藤研二、イトケン、宮崎貴士の4名の音楽家で結成されたプロジェクト、図書館。
しばらく音沙汰が無かったので自然消滅かな、
と思っていたのですが忘れた頃に2枚目のアルバムがリリースされました。
6年振りとのこと。
セッション・プレイヤーとして活躍している近藤研二とイトケンも強力ですが、
ビートリッシュ(ポール派)でSFチックな作曲を得意とする宮崎貴士、
ウッドストック系に影響を受けたヴォーカリスト田中亜矢の二人は、
現在のところ、このプロジェクトでしか活躍を確認することが出来ません。
貴重。
前作同様、作詞には足立守正を迎えている他、細馬宏通(かえる目)も1曲でゲスト参加(作詞担当)。

 アコギ、ピアノを中心としたバンド・サウンドで、曲によってはフルートが参加。
室内楽らしさを感じさせるポップ・ミュージックが楽しめます。
シックな大貫妙子といった風情もあり。
落ち着き払った歌声から包容力を感じさせる、田中亜矢のヴォーカルは相変わらず素晴らしい。

 楽曲群に共通する童話のような世界観は宮崎貴士の得意とするところ。
涼しげなアルバム・ジャケットの如く、爽やかな聴き心地です。
欲を言えば7曲という分量は少ないです。
ベテラン4人が集まるのもなかなか大変なのかもしれません。
いつか聴けるサード・アルバムを楽しみに待ちたいと思います。

「最終電車」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ポップス

鳥井さきこ/見つめる女

鳥井さきこ/見つめる女
2015年5月 日本
『前作と少しだけ違う新作』

 静岡出身フォーク系ギター弾き語りSSWの4枚目。
近作では温かみがありつつ、世間を斜めに見る歌詞と、
アメリカ民謡の流れをそのまま受け継いだメロディー、更には節回しが
高田渡を彷彿とさせる彼女。
いや彷彿とさせるというよりも作風が近づいてきたという感じでしょうか。
今、公式HPを覗いたらやはりそのことはプロフィールでも指摘されていて、
やっぱり皆そう思っているのだな、と分かりました。
近年はピアニスト渋谷毅との共演もしていたそうです。凄い。

 今回もギター弾き語りを中心としたシンプルな内容。
15曲も収録されているのがうれしい。
ラスト2曲にのみ、前述した渋谷毅が参加しています。

(「ごあいさつ」をオマージュした「社交辞令」を筆頭に)前作より更に高田渡っぽくなっているな。
「更に」。
と思っていたら、「夕暮れ」のカバーまで飛び出してきました。
高田渡がレパートリーにしていた朝比奈逸人の「トンネルの唄」もやっている他、
トラッド「The Water Is Wide」を日本語詞で
やっており、(あぁ、カラー・ボノフがやっていたやつね!
ところがそれだけではなく、これNHK連続TV小説『マッサン』の挿入歌だったのですか。
観ていなかったので知りませんでした。)
合計3曲をカバー。
丁寧に歌われており、素晴らしい。

 メッセージとして言いたいことを言っている一方で、あくまでも語り口は優しく控えめ。
この女性らしさこそが鳥井さきこならではの魅力でしょう。
例えば、好きと「言ってみようよ」というシンプルでまっすぐなメッセージを堂々と歌う朗らかさ、とか。
後はレッド・ベリー、ディランから高田渡。高田渡から鳥井さきこってことで良いのではないでしょうか。
また数年後、少し違うアルバムを届けてくれることでしょう。
そのうち、演奏を聴いてみたいのですが、静岡中心の活動でなかなかチャンスに巡り合いません。
いつかは。

「夕暮れ」「あの子とこの子」「社交辞令」
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本フォークSSW

Nelson/ Peace Out

Nelson/ Peace Out
2015年4月 アメリカ
『王道回帰にしてラスト作』

 周りに何もないハイウェイを爽快にすっ飛ばすような・・・・・・
そんなアメリカらしい疾走感抜群のメロディアス・ハード・ロックが2015年に聴けるとは感動。
と思ったら、久しぶりに届けられたネルソンのニュー・アルバムでした。ご無沙汰です!

 父はリッキー・ネルソン、姉はトレイシー。
ネルソン一家の双子の息子が中心となったグループがネルソンです。
1990年にゲフィンからリリースされた『After The Rain』でデビュー。
分厚いコーラスと爽快感のあるメロディーという産業ロックの流れを汲んだ音楽性が特徴で、
そのクオリティの高さから全米1位を獲得しました。
(今聴くとサミー・ヘイガー時代のヴァン・ヘイレンっぽいところもありますが、とにかくこのアルバムは名盤)
いきなり大成功を収めた彼ら。
その後は伸び悩つつ地道に活動していたようです。
本作は5年振りとなる新作で、どうやら本作でネルソンは解散するとのこと。

 ラスト・アルバムということで吹っ切れたのか、サウンドは名盤『After The Rain』を踏襲しています。

 父親譲りの力強く温かみのある歌声、エレキ・ギターによるおおらかな旋律、
アコギによる郷愁を覚える旋律、ドンズコとダイナミックなリズム。
80年代の余韻を十分感じさせる90年代メロディック・ハード・サウンド、そのままの内容となっています。
あまりにも正統派な内容に加え、芸能一家というイメージもあった彼等。
僕自身ファースト以来あまり熱心に聴いてこなかったのですが、改めて堂々たる実力に気付かされました。

Rockstar
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロックHR/HM