FC2ブログ

The Whileaways/From What We're Made

The Whileaways/From What We're Made
2018年 イギリス
『アイリッシュ・フォークの王道路線』

 2012年結成。アイルランド、ゴールウェイ出身のフォーク・グループ、ワイルアウェイズのサード・アルバム。メンバーはノリアナ・ケネディ、ノエリー・マクドネル、ニコラ・ジョイスの三人です。

 アイルランド・トラッドとアメリカーナを融合させた音楽性は、シリアスになり過ぎず、大らかな空気感とキャッチーなメロディーを持っており、親しみやすい印象。男性ヴォーカルと女性ヴォーカルが曲を分け合っており、そのスタイルは往年のブリティッシュ・フォークを彷彿とさせます。厳かなヴァイオリンや土臭さ漂うマンドリンが、アイルランドらしい涼しさを演出。混声コーラスも素晴らしい。
imagewhil.jpg

THE WHILEAWAYS - "from what we're made"
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォーク

小川さくら/日々

小川さくら/日々
2019年 日本
『近年、稀にみる青田買い成功例』

 CD紹介文にあった「URCの諸作に通じる生々しくも奧のねじれた表現方法」が気になり、
京都出身、円盤レコードよりのリリースといった要素も重なり、音源試聴をせずに購入。
140240021.jpg

 京都を拠点に活動するギター弾き語りのSSW。恐らく2010年代前半にデビューしたものと思われます。インターネットから拾える情報はほとんどありません。近年、何枚かの自主盤CDRを発表しており、それらの楽曲をバンド・セッションで録音し直したのが本作となります。デビュー作。斉藤友秋(編曲、ギター)、橋本悠(b fromケバブジョンソン)、香取光一郎(p from PAAP、泊)という編成で録音されています。

 冒頭の宣伝文句から、自分は安易に金延幸子的なものを期待しました。実際、その雰囲気を感じさせる音楽でした。朗らかなメロディーと歌の乗せかた(譜割)が新鮮で、なるほどURCと例えたくなるのも納得であります。アコースティックな編成のバンド・アンサンブルは、穏やかながらもスウィング感十分。小川さくらのヴォーカルは力強さよりも訥々という感じなのですが、歌詞を丁寧に綴っており心地よい。アルバム・タイトルにもある通り、日常をテーマとした歌詞が想像力をかきたてる素晴らしい出来。軽やか。

 ライブを一度見てみたい、と思うものの、ネットからの情報は全く得られず。円盤でのレコ発ライブを見逃したのは痛い!(2回目)そしてyoutube動画も無し。(試聴出来るページがいくつかあり)
とにかく日本語フォークが好きな方には是非聴いてほしいアルバム。
関連するタグ

VINTAGE TROUBLE/CHAPTER II-EPII

VINTAGE TROUBLE/CHAPTER II-EPII
2019年 アメリカ
『新チャプターはソウル道一本』

 ソウル、ロックンロール・バンド、ヴィンテージ・トラブルの新作。前作で物量的に物足りない旨を書いたのですが、素早いリリース攻勢を仕掛けてくれており、その不満は解消されました。
61BihUFx9q.jpg

 EPIIIがあるのかは分かりませんが、正直、お財布に優しくない感じがあり。

 新曲5曲を収めたディスク1、ライブ音源5曲を収録したディスク2という2枚組です。ヴァージョン違いで2枚組であった前作とは少し違います。

 まずディスク1。この間の来日で披露されていたためか、聞き覚えのある曲もチラホラ。甘さ、大団円なムードが強調されたソウル・ミュージックが並んでいます。このディスク1だけで考えると、もはやロックンロール・バンドという看板は背負えない内容。柔らかいファルセット・ヴォイスが映えており、ダニー・ハサウェイ度が急上昇。キーボード奏者がメンバーとしてクレジットされており(良かったですね!)、これまで以上にキラキラとしたデジタルなサウンドが印象的です。

 ディスク2のライブは5曲という物量もさることながら、複数会場の寄せ集めなので、あくまでもダイジェストであり、おまけ楽曲という感じ。新しいチャプターに入った、ということを思い知らされるムーディーなライブ内容。ヘヴィな「Knock Me Out」がギアチェンジの役割を果たしているのですが、次の曲が「Come Together」(ビートルズ・カバー)。ここでファスト・チューンが来ていれば、というところ。ただ、「Come Together」のカバーは新鮮。重量感を増したアレンジでパワフルに仕上がっています。最後、アルペジオで締めるところもナイス。百戦錬磨の経験を活かして、もっと色々なカバーをやってほしい。

Don't Stop Forever

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル

Gareth Pearson/A Tweak on Antique

Gareth Pearson/A Tweak on Antique
2019年 イギリス
『のどかなギター・インスト』

 イギリス、ウェールズ出身のギタリスト、ギャレス・ピアスンのサード・アルバム。

 フィンガー・ピッキング・スタイルによるギター・インスト作です。
Gareth.png

 端っこに顔だけ出している猫がいい塩梅のジャケットが切っ掛けで聴いてみました。

 本人のギター・ソロ作と、バンド編成によるセッション、という二つの構成で録音されています。オリジナル曲が7曲、ドク・ワトソンによるブルーグラスの名曲「Black Mountain Rag」、ショスタコーヴィチの「Waltz No.2」、ハリー・ダクレ作曲の流行歌「Daisey Bell」というラインナップのカバー3曲、計10曲という内容。

 カバー曲は有名なものばかり。軽妙なギター・インストへと見事にアレンジされており、そのセンスがうかがい知れます。過去作ではマイケル・ジャクソンの「Thriller」などもカバーしており、親しみやすい入り口を作り、魅力を知ってもらおうという心意気に感心。

 柔らかく滑るギターの音色が素晴らしく、若手ギタリストの有望株として高い評価を得ているのも納得の腕前です。オリジナル曲は、清々しく優雅なメロディーが心地よい。一部の輸入盤店がネット通販をしています。

Daisy Bell (Bicycle Built For Two) - Gareth Pearson

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォーク