Elise LeGrow/Playing Chess

Elise LeGrow/Playing Chess
2018年 カナダ
『チェスやっています。』

 青い写真がブルーノートを想起させます。カナダ、トロント出身のジャズ・ヴォーカリスト、シンガーソングライターであるエリス・ルグロウのデビュー・アルバムをご紹介。
elise.jpg

 彼女は1987年、6月生まれの30歳。フェイスブックのお薦めミュージシャンの欄には、Janelle Monae; Adele; Amy Winehouse; Ray Lamontagne; Martha Reeves & the Vandellas; Bill Withers;Nina Simone; Dinah Washington と記されており、新旧織り交ぜつつ、ブラック・ミュージックに造詣が深いことを伺わせます。なお、ビル・ウィザーズのカバー動画がありましたので参考までにどうぞ。2009年、地元であるNXNE音楽祭に出場することになり(詳しい経緯を探せませんでした)、それを切っ掛けとしてカナダのSony/ATV Music Publishingとの契約に成功。2012年にデビュー・シングルとして「No Good Woman」を発表。トップ10に13週残るヒットとなりました。2016年にはアメリカのレーベル、S-Curve/BMGとも契約し、デビュー・アルバムの制作を開始。2年を経て発表されたのが本作となります。

 タイトルから「チェスを楽しむ為の音楽」という意味かな、と思っていたのですが、これはチェス違いでした。ブルースの名門レーベル、チェスの楽曲をカバーしたアルバムとのこと。「チェスの曲、やっています。」でしたね。シンガーソングライターのデビュー作で、いきなりカバー・アルバムとは、意表を突かれました。

 メインのプロデューサーにはスティーヴ・グリーンバーグが起用されています。デュラン・デュランやベティ・ライト、最近ではダイアン・バーチのセカンド(これは賛否両論作ですが)での仕事で知られている人物。ハンソンやジョナス・ブラザーズなど、多くのミュージシャンを見出したことでも有名です。他、マイク・マンジーニ(ex.エクストリーム)とベティ・ライト(60年代から活動するソウル・シンガー)の二人が、プロデューサーとして名を連ねています。近年はこの3人で組んで仕事をしているようです。
主なゲストとして、ルーツよりクエストラブ(パーカッション)とキャプテン・カーク・ダグラス(ギター)、そしてダップ・キングスがセッションに参加。豪華メンツです。

 情感たっぷりで、伸び伸びとした歌い振りが素晴らしい。支えるのは、シャカポコとしたリズム(突き抜けるようなドラム)に、軽やかなピアノが印象的なバンド演奏。楽曲に合わせてファンキーにも、ムーディにも対応しています。全曲カバーということで、アレンジにも注目したいところですが、正直なところ、数曲しか原曲を覚えていない有様なのでじっくり聴き比べていこうと思います。ただ、原曲の雰囲気を残しつつ、ダイナミックに仕上げている印象。エリス・ルグロウの色気ムンムンの歌い方にハマりつつも、こんなにいい曲があるのか、と改めて思い知らされました。かっこいい。

 elise7.jpg

 収録曲目は以下の通りです。(尚、10曲目はエタ・ジェイムスの曲)試しにスポティファイなどで聴くときの参考にして、オリジナルと比べて楽しんでください。でも、これは買いです!待っていれば日本盤も出るでしょう。

1. Who Do You Love Written-By – Ellas McDaniel
2. Hold On Written-By – J. L. Webber, Leonard Caston
3. You Never Can Tell Written-By – Chuck Berry
4. Over The Mountain, Across The Sea Written-By – Rex Garvin
5. Searching For My Love Written-By – Bobby Moore
6. Long Lonely Nights Written-By – Bernice Davis, Douglas Henderson , Lee Andrews, Mimi Uniman
7. Going Back Where I Belong Written-By – Bob Geddins
8. Rescue Me Written-By – Carl Smith (2), Raynard Miner
9. You Can't Judge A Book By The Cover / You Can't Catch Me Written-By – Chuck Berry, Willie Dixon
10. Can't Shake It
11. Sincerely Written-By – Alan Freed, Harvey Fuqua

Who Do You Love (Live Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ カナダジャズソウルブルース

Curtis Harding/Face Your Fear

Curtis Harding/Face Your Fear
2017年 アメリカ
『どんよりソウル満喫』

 2014年にデビューした自作自演歌手。本作はセカンド・アルバムとなります。

 シンセサイザー、ストリングスを取り入れた、映画のサントラの如く視覚に訴えるニュー・ソウル・サウンドはカーティス・メイフィールドを彷彿とさせます。一方で熱を抑えた内省的な作風も印象的で、その辺りはダニー・ハサウェイ的だと感じました。
消え入りそうな繊細な味わいを持つ裏声が特徴。艶めかしさ抜群で、ノスタルジックなストリングス・アレンジとの相性もいいです。
831.jpg

曲に関してはニュー・ソウルをベースとした60年代ソウル由来の伝統を引き継いだものが多く、そこに現代的なロックやエレクトロといった要素を加えています。鉄琴やエコーによるサイケデリック感覚もアクセントとして印象的。「Tighten up」のパロディーと思しき「Need Your Love」もあり。残念な点としては、各曲2~3分で纏められているので、スムーズに聴くことが出来る一方で、突出したキラーチューンが見当たらないところ。

Till The End
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル

Caitlyn Smith/Starfire

Caitlyn Smith/Starfire
2018年 アメリカ
『王道アメリカン・ロックを得意とする女性SSW』

 ナッシュビルを拠点に活動する作曲家による、本人名義のデビュー作。宣伝文によると、これまでガース・ブルックス、ジョン・レジェンド、メーガン・トレイナー、ジェイムス・ベイ、ドリー・パートンなどに楽曲を提供して来たとのこと。
3c94b3f9f5b16ec16742769daad33f1a_960x960x1.jpg

 鍵盤入りのバンド演奏による、大陸的なスケールを感じさせるアメリカン・ロックという印象。楽曲はボン・ジョヴィなどを彷彿とさせる、ダイナミックでドラマティックなメロディーが特徴です。とにかくエモーショナルに迫ってきます。カッチリとした分厚いアレンジが施されているのもポイント。キャッチーな楽曲が揃っている当たりは、さすが職業ソングライター。彼女自身の歌声も、パワフルで伸びやか、よく通るもので魅力的。1曲目を聴いた時にはありがちだな、と思っていましたが、オーソドックスながら芯の太さを感じさせる音楽性で聴き通した次第。デビュー作とは思えないほど、ゴテゴテしているアレンジだけはちょっと考えものであります。

Starfire

続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロック

Rhye/Blood

Rhye/Blood
2018年 アメリカ
『長い沈黙を感じさせない』

 マイケル・ミロシュとロビン・ハンニバルのソウル・ユニットRhyeのセカンド・アルバム。4年振りのリリースとのこと。インターバルが長い作品がリリースされると昔のことを思い出す訳ですが、当ブログもまだまだ続いていて良かったです。

600x600bbB-5.jpg

 生のピアノと生のパーカッションを使っている、という声明が為されており、聴き心地もより柔らかく熱が伝わるものとなっています。サイケデリックなドローン感を持たせた楽曲がいくつかあるのも特徴。ただし依然として、どんよりとしたエレクトロ・ソウルをやっており、シャーデーを彷彿とさせる歌声と魅力は健在。刻まれるビートとシンセサイザーの波に揺られて溶けつつ、幽玄な歌声が奏でるメロディーで目を覚ます。若干の感触の違いはあれど、ファーストとの連続性を強く感じるアルバムです。

Rhye: “Blood Knows” (HD)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル

Morgan Grace/Morgan Grace

Morgan Grace/Morgan Grace
2018年 アメリカ
『煙草大好きくたびれロックンローラー』

 黒のピッタリ革ツナギでロックンロールを熱唱する姉さん。これは21世紀のスージー・クアトロか。

 モーガン・グレイスはオレゴン州ポートランド出身のシンガーソングライター。2003年にデビューを果たしており、今回のアルバムで4枚目となります。
1516315635_front.jpg

 前述通り、鍵盤入りのバンド演奏によるグラマラスなロックンロールをやっています。ただ「朝日のあたる家」のようなダークな哀愁味も特徴で、全体からくたびれた悲壮感が漂っている印象。もちろんイケイケでロックンロールもやっているのですが、沈んでいる時間の方が長い。ハスキーな歌声は十分なドスが効いており、盛り上がる所でのシャウトも素晴らしい。

So Alone
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロック