Bombadil/Fences

Bombadil/Fences
2017年 アメリカ
『キャット・スティーヴンスのような陽光メロディー』

 ノースカロライナ州で活動するフォーク・トリオ、ボンバディルの6枚目。前作もレビューしています。またメンバーが加わったようで今回はトリオでの制作です。今回のアルバムを聴いてみて、アメリカの東海岸に位置するノースカロライナならではの爽やかで抜けの良い音楽性を感じ取ることが出来ました。また、ノースカロライナは、フォーク、トラッドが古くから根付いている土地柄でもあり、ボンバディルのような音楽が生まれるのも必然なのでしょう。
MI0004180089.jpg

 三人による穏やかな歌声とコーラス、アコギ、キーボードなど多重録音を駆使した、カラフルなフォーク。前作はほのぼのとしたのどかさが印象的でしたが、こちらはよりわいわいがやがやとした楽しさが強調されているような気がします。(まぁ一人増えましたからね)英米折衷のメロディーの魅力は相変わらずで、英フォーク・ファンにも楽しめる内容。全ての曲が3分台に抑えられており、テンポの良さもポイントです。
0011_bombadil_dla_2016-1024x683.jpg

I Could Make You So Happy
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスフォーク

Alasdair Roberts/Pangs

Alasdair Roberts/Pangs
2017年 イギリス
『蘇える中世イギリスの幻想風景』

 正統派のフォーク・ロック。オルガン、ピアノ、フィドル、エレキギター、フルート等が奏でるトラッドに根差した荒涼としたメロディーは、まるでフェアポート・コンヴェンション(男所帯)を彷彿とさせます。
Alasdair-Roberts-redwood-photography-2.jpg

 スコットランド出身のシンガー・ソングライター、アラスディア・ロバーツ。カランダーという町で育ち、現在はグラスゴーを拠点として音楽活動をしています。2001年からCDのリリースを開始しており、ラフ・トレードやドラッグ・シティといったレーベルより9枚の作品を発表。本作は10枚目のアルバムとなります。ヴァセリンズやジェフリー・ルイスの作品を手掛けている若手のエンジニア、ジュリー・マクラーノンが録音を担当。
large_8865a331-fea4-486e-9213-f1a992a64558.jpg

 2017年ならではのクリアな音質ですが、やっていることは70年代英フォークの回顧。程よく枯れたヴォーカルと土臭い楽曲群は相性抜群。新しさは全く見いだせないものの、フェアポート・コンヴェンションやトゥリーズが奏でていた中世イギリスの幻想風景を蘇らせており、魅力十分。既にベテランの域に達するミュージシャンですが、全く知りませんでした。

An Altar in the Glade
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ イギリスSSWフォーク

Thundercat/Drunk

Thundercat/Drunk
2017年 アメリカ
『80年代のプログレのような、目まぐるしくも楽しい音楽』

 半魚人現る、という感じの強烈なジャケを切っ掛けとして聴いてみました。フュージョン、ソウル、テクノ、サイケ・ポップなどを混ぜ合わせた、幻想的なポップ・ソングが次々表情を変えて現れるカラフルなアルバム。既に様々なHPにレビューが掲載されていますが、その注目度も納得。楽しいアルバムです。
4e59f2ec.jpg

 サンダーキャットは、ロサンゼルス出身のベーシスト。16歳の頃、スイサイダル・テンデンシーズのメンバーとして抜擢されることでプロデビュー。(彼の音楽性からすると意外な経歴です)セッション・プレイヤーとしてエリカ・バドゥなどの作品へと参加した後、2011年よりソロ・ミュージシャンとして音楽活動を開始しています。本作は3枚目のアルバム。
thundercat-pressphoto-650.jpg

 プロデューサーとしても活動しており、ミュージシャン仲間からも評価が高いサンダーキャットだけに人脈が広く、ゲストが豪華。ケニー・ロギンス、マイケル・マクドナルド、ケンドリック・ラマー、フライング・ロータス、ファレル・ウィリアムズ等々。

 土台となっている音楽はフュージョンですが、ソウルの持つ温かみとテクノ・ビートによる無機質さが混ぜ合わさった結果、極上のサイケデリック・ミュージックに仕上がっています。影響されているのかは不明ですが、ソウル、テクノの要素を取り入れたイエスやバグルスのような、80年代のプログレのような、目まぐるしくも楽しい音楽だと感じました。1分台を多く含んだ20曲という曲数をスムーズに聴かせる構成力もプログレッシヴ。先述したゲストを引き立たせる楽曲、アレンジが用意されており、それがカラフルさに拍車を掛けています。

Thundercat - 'Show You The Way (feat. Michael McDonald & Kenny Loggins)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカジャズソウル

Brent Cash/ The New High

Brent Cash/ The New High
2017年
『時代に関わらず生み出される良質ポップ』

 今回初めて遭遇したシンガーソングライター、ブレント・キャッシュ。甘く爽やかなサウンドと歌声がノスタルジックで魅力的・・・・・・と思っていたら、既にポップファンの間で人気を獲得している方だったようです。
91qz9-XFzqL__SX355_.jpg

 ジョージア州アセンズ出身、2008年にデビューして以来、2枚のアルバムを発表。マイペースに活動しているようで、本作はようやく届けられた6年振り3枚目のアルバムとなります。

 各ショップの絶賛コメントを見るにつけ、もういいかなという気持ちも芽生えてきますが、一応感想を書いていこうと思います。ピアノ弾き語りによるSSWスタイルを土台にしつつ、ブッダ系サンシャインポップ、モータウン、AORなどの要素を融合させたポップ・ミュージックをやっています。フルートやコーラス、ストリングスが被さる洗練されたアレンジが見事でピアノ、ヴォーカルを引き立てた足し過ぎない音作りが見事。キラキラとした鍵盤の眩しさとは裏腹に、ヴォーカルは落ち着いており、内省的な雰囲気があります。
brent-cash-102_v-variantBig16x9_w-576_zc-915c23fa.jpg

 アコギ弾き語りやストリングスをたっぷり詰め込んだ曲など引き出しが豊富で、一気に聴きとおせる充実のアルバム。

I'm Looking Up
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカポップス

Overkill/The Grinding Wheel

Overkill/The Grinding Wheel
2017
『速い、重い、かっこいい』

 またオーバーキルの新作が出ている。そしてまたチェックしてしまう自分なのでした。改めてバイオを眺めてみると年1枚ペースでアルバムを量産している90年代ほどではありませんが、ベテランとしてはハイペースにアルバムを発表しています。老いても精力的な活動ぶりに脱帽。正直、スラッシュ・メタルの感想となると、速い、重い、かっこいいくらいしか書くことがないのではないか。それでいいのではないか。と思っていたので、このブログを始めてからもスルーしていたのですが、それも限界。こんな元気のいいアルバムを素通りしてはもったいない。

 1982年、前身のパンクグループから改名してデビュー。以来、スラッシュ・メタル・バンドとして東海岸を活動拠点としてキャリアを重ねてきたベテラン・グループです。今回のアルバムは18枚目となり、彼らとして長い3年の空白を経てリリースされています。
Overkill_-_The_Grinding_Wheel.jpg

 浮き上がる血管が見えるようなガナリ声ヴォーカル、切り刻まれるギターリフ、重量感溢れるリズム隊によるバンド・アンサンブルは健在です。
 Overkill-2017-band.jpg

 疾走する先行公開曲で抱いていたイメージとは裏腹に、ジワジワと盛り上げていくドラマティックなヘヴィ・メタル・ナンバーが多い印象です。ジューダス・プリーストやアイアン・メイデンがやりそうなプログレッシヴな展開もあり。NWOBHMからの繋がりが浮き彫りになっていると感じました。携帯プレーヤーで聴いていると「まだこの曲だったのか。」と表示を見て驚くほどの長さながら、中だるみはありません。終始、ハイエナジーなテンションとグルーヴで乗り切っています。スピードは抑え目ながら、疾走感も十分あり。前作をもう一度引っ張り出したくなる、いいアルバムです。

Goddamn Trouble
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカHR/HM