FC2ブログ

Maxayn/Reloaded: Complete Recordings 1972-1974

Maxayn/Reloaded: Complete Recordings 1972-1974
2017年(1972年~1974年録音)アメリカ
『スライっぽさ満載の熱いソウルが楽しめる』

 昨年再発された、アメリカのソウル・グループ、マクサンのアルバム集。カプリコーン・レーベルからリリースされた3枚のアルバムが収録されています。
5013929086432.jpg

 表題の通り、1972年から1974年に掛けて活動していた4人組。キーボード奏者兼プロデューサーとして、フランク・ザッパやザ・フー、グラント・グリーンなどとジャンルを超えて交流、活躍していたアンドレ・ルイスが中心となり、結成。フロントに据えた女性ヴォーカル、マクサンは彼の妻です。

 力強いシャウトが印象的なマクサンがバンドを牽引。小刻みに打ち付けるリズム・セクションと、キンキンと跳ねるキーボードによる、熱っぽいバンド演奏は、マクサンのヴォーカル・スタイルと相まってスライの影がチラつく印象。オリジナル曲の他、カバーもいくつか収録されており中でもストーンズ・ナンバーは面白かったです。ゴスペル要素を強めて静と動の対比をくっきりさせた「You Can't Always Get What You Want」、モッサリとした重量感を強調した「Gimme Shelter」どちらも聴き応え十分。
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカソウル

Samantha Leon/Samantha Leon

Samantha Leon/Samantha Leon
2017年 アメリカ
『今更紹介したい2017年度のEP』

 ニューヨークの新人SSW、サマンサ・レオンのデビューEPをご紹介。

 まだ情SAMANTHALEON_COVER.jpg
報が少ないのですが、ニューヨーク生まれ、ニューヨーク育ちとのこと。Amos Lee, Fleetwood Mac, Sarah McLachlan, Alanis Morissette, Corinne Bailey Rae, Mariah Carey, and Adeleといった音楽を聴いて来たそうです。このデビューEPを発表して以降、アメリカをツアー中です。

 フォーキーなアコースティック・ソウルをやっています。自由奔放な節回しと、爽やかで深みのある歌声。伸び伸びとしたファルセット・ヴォーカル。初期のリンダ・ルイスを彷彿とさせる瑞々しい魅力があります。乾いた打音で弾むパーカッション、細やかな指使いのアコースティック・ギターを始め、演奏陣も充実。

 楽曲、パフォーマンス共に高水準でデビューEPとは思えない内容なのですが、日本はもちろん、本国アメリカでもノーマークの模様。今、聴くべき新人です。EPですが7曲入っています。

Samantha Leon - Bright Yellow Shoes (Official Music Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカSSWソウル

Jacqueline Govaert/Lighthearted Years

Jacqueline Govaert/Lighthearted Years
2017年 オランダ
『ロック度の高さからバンド時代の名残を感じさせる』

 2000年代に活躍したロック・バンド、ケルシプのリーダー、ジャクリーン・ゴバートのサード・アルバム。

 1982年生まれ、36歳。カーツスフーフェル出身。幼少の頃からピアノを嗜み、12歳で作曲を始めたとのこと。高校時代より、ケルシプとして活動を開始。ケルシプは2009年に解散するまで、6枚のアルバムをリリースするなど、人気グループとなりました。バンドではヴォーカル兼ピアノを担当、中心人物として活躍しました。2009年のバンド解散を期に、自作自演歌手として再スタートをすることになります。
71ZcPYl0A4L__SY355_.jpg

 ピアノ弾き語りを中心としてリズム隊、オーケストラを加えた重厚な編成。オランダのミュージシャンらしく、はっきりとしたメロディーが特徴です。多彩なキーボードによる透明感、華麗なオーケストラ・アレンジがサウンドを彩っています。ハキハキとして活力漲る歌声はさすがロック・ヴォーカリストと感じさせるもの。ピアノ弾き語りというイメージとは裏腹なパワフルな内容が新鮮でした。

Lighthearted Years
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ オランダポップス

King Leg/Meet King Leg

King Leg/Meet King Leg
2017年 アメリカ
『昔のアメリカ音楽のような温もり』

 アメリカのレーベル、Sireと契約した新人ロックンロール歌手、キング・レッグのファースト・アルバム。

 1986年生まれ、ネブラスカ州出身のSSW、ジョイス。地元ではカバーバンドに在籍していたのですが、自作自演への欲求に目覚め、より積極的な活動を求めてナッシュビルへ移住します。スミスのカバー・グループと並行して、自作曲を練っていたものの進展が見られない日々。一度は音楽の道をあきらめて、大学の医学部へと進んだものの、友人の勧めでロサンゼルスへ移住して、ジョイスをリーダーとするキング・レッグというグループを結成。彼らが演奏したある日のクラブにて、ワーナーの伝説的プロデューサー、レニー・ワロンカーの耳を捉え「ロイ・オービソンのように惹きつけられる声だ」などの絶賛を得ることに。レニー・ワロンカーは、Sireの責任者であるシーモア・シュタインを紹介。キング・レッグはレーベルとの契約を勝ち取りました。本作は彼(ら)のデビュー作となります。
81Kkob1jx-L__SY355_.jpg

 50年代のカントリー、R&Bをルーツとするロックンロールへの回帰をテーマとした音楽性が特徴です。鍵盤奏者を含む5人編成での録音。ヴォーカル中心の隙間の多いアンサンブルはパブロックのような軽やかさが素晴らしい。ジョイスの歌声はロイ・オービソンの如し、という程のインパクトは無いものの、甘さや切なさを感じさせる魅力があり。
情感たっぷりで、のどかな雰囲気を感じさせる楽曲群にはコンパクトなポップさや鋭さもあり、懐かしいだけではありません。

King Leg - Great Outdoors (Official Music Video)
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ アメリカロック

川崎テツシと燃えるキリン/燃えるキリンの話を聴いた

川崎テツシと燃えるキリン/燃えるキリンの話を聴いた
2017年 日本
『ドラマティックなフォーク・ロック』

 偶然、youtubeで試聴して知ることが出来た作品。STANCE PUNKSのベーシスト、川崎テツシを中心に2010年に結成された、川崎テツシと燃えるキリンの初音源です。STANCE PUNKSは1998年から活動するベテランのパンク・バンドですが、自分は不勉強につき、聴いたことがありません。川崎テツシに対する理解力が足りない状態でアルバムの感想だけ、述べたいと思います。
122842336.jpg

 恐らく燃えるキリンであろう、黄色い物体にもやもやしつつ(顔どこだろう、とか)内ジャケットを見ると、(多分キリンの)お面を付けたギターを持った人物の写真と、カラフル且つサイケデリックなコラージュ写真がいっぱいです。全てのジャケットを担当したのはdabstarというグラフィック・デザイナー。黄色を基調としてサイケデリックな世界観が表されています。

 マンドリン、ペダル・スティール、キーボードが入ったバンド編成によるフォーク・ロック。もちろんジャケット通り、サイケデリックな要素もあり、ピンクフロイドのようにスペーシーだったりもします。ただ、パンク・バンドのギタリストゆえなのか、リラックスした歌声がなぞるメロディーは哀愁味を帯びていて、実にキャッチー。加えてサイケデリック音楽にありがちな、「遠くから聴こえる」感じは皆無。6曲入りEPですが、凝った展開の長尺曲が多く、フル・アルバム並みの充実感が得られます。

川崎テツシと燃えるキリン ”サンデーモーニング” MUSIC VIDEO
続きを読む(動画があるよ) » 関連するタグ 日本ロック